地獄屋物語

KLがー

第18話 ー地獄屋とは?


「な、何なんですか?…あなた方は」
月明かりが薄暗く照らす人気のない街中
ガラの悪い暴走族、いわゆるヤクザと呼ばれる連中が何十人と倒れ込んでいる
ゴミのようなその連中を見下ろすのは
たった1つの少女の影
その後ろには少年が豆鉄砲を食らったハトのように固まっている
「この人数相手に…ひ、1人で…」
無様に血を流し、汚れて倒れこむ男達と違い、
少女はどこも汚れることなく完全なる無傷だ。
「仮にも『地獄屋』って名前でやってるからね、恥のないよう努めてんだよ」
「地獄屋って…なんなんですか?
一体どういう組織なのか…」

「そうだな…君もそれなりに常連だしね
教えてあげるよ、地獄屋のこと」

ー地獄屋
その名の通り地獄の商売をしている
引き取り、売りつけ、ご案内があり、
レベル的には引き取る、売りつける、ご案内の順で上がる

『引き取る』
内容:依頼主の生活の中の地獄を取り除く
   この暮らしやこの人から解放されたい
   などの願望を叶える
『売りつける』
内容:依頼主が恨みを持っている人物に
   地獄屋が代わって地獄を見せる
   (復讐、逆襲、見返し)
『ご案内』
内容:ーー
ご案内を依頼できるのはある程度の条件が揃ったお客のみ
この地獄の責任を負うのは全て依頼主

地獄屋の中でもレベルが分けられいくつかの組織、獄堂と呼ばれるものに分類される
レベルとは獄堂内の成績、当主の強さ などから決められる、その獄堂が売買する『地獄』の品の質の高さだ
全てで7つ存在する
上から順に『死獄堂』ー
     『愛憎堂』ご案内
     『恩恨堂』ご案内
     『豪炎堂』売りつけ
     『深水堂』売りつけ
     『地道堂』引き取り
     『怨念堂』引き取り
     
このような仕組みになっている
死獄堂については明らかになっていない
それぞれの獄堂には1人当主がいてそれぞれ何人かメンバーがいる
愛憎堂と恩恨堂は特に大人数で形成されている
しかし豪炎堂と深水堂は当主本人しかいない
だから豪炎堂の当主と深水堂の当主が2人でペアを組んで活動するときもある

これ以上の細かな仕組みは知っている者の方が少ない
謎に包まれた巨大な組織、それが地獄屋だ


「伊達に地獄屋なんて名前使ってないからね
口滑らしたりしないほうがいいよ。君のためにもね。ということですのでまあ…

本日は地獄一丁毎度ありがとうございました」

赤い首飾りを下げた豪炎堂の当主、ロズ
丁寧にお辞儀をすると音なく消えた

残っているのは無様に倒れこんだ男ども
それを見下ろす1つの少年の影
そして薄暗い月明かりの下、不気味な街の雰囲気だけだった

「地獄屋物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く