地獄屋物語

KLがー

第13話 田沼エリカside 後編

田沼エリカside

翌日
学校に登校すると窓際に山野ミナキが座っているのが見える。
う…なんか声掛けにくい
マジで意味不なんだけどなぜか尚人くんと仲良いのよね
悔しいけどなんか寄って行ってんの尚人くんの方だし、これ以上どーこーいうのはやめた
山野ミナキの方を見ていると対角線上に席のある恵と目があった。
恵…宇佐美先輩の時以来話していない
宇佐美先輩と話してたってだけでだいぶ…その…ひどいことしたと思う
自覚はあるけど…普段からイラつき気味の私はそんなこと考える余裕もなく
ただただ八つ当たりをした
恵は申し訳なさそうに目をそらす
…弱い、ムカつくなら怒鳴ってこれば良いのに
殴りかかってこれば良いのに
弱い人間は嫌い…
だから私は私が嫌い
弱い私が大嫌い

私は覚悟を決めて山野ミナキの元へと向かった
尚人くんが私を睨む
まあ仕方ないね
「ちょっと山野ミナキ」
「…なに?」
山野ミナキのメガネの向こうの目はなんとも言えない、でも何か言いたげの色を浮かべている
…はっ!
そうか…地獄屋のことは他言無用
本当だったらでかい声で騒ぎ立ててやりたいくらいだけど…こいつらは何するかわかったもんじゃない
ただでさえ地獄を売るとか、かなりやばいこと言ってんだから
「ちょっと来なさいよ」
「…だる」
な!
だる っですって!!?
あんたから首突っ込んで来たんじゃない!!
と、今にも飛び出しそうな魂の叫びを押し込めて教室を出る
はあーー

とりあえず裏庭、誰もいなさそうな場所を選ぶ
「昨日のこと…なんだけど」
なんとなくソッと言う
山野ミナキの口角がほんの少し上がった気がした

「…もし地獄で…地獄屋で…なんとかなるものなら、私の生活を変えてくれるなら!…お願い…助けて
もう嫌なの…1人であの広い家にいるのも!1人ご飯を食べるのも!ただいまって言っても、おはようって言っても、おやすみって言っても!静まり返ったままの部屋で過ごすのは嫌だ!私にとっては地獄なの!1人でいることが、誰にもわかってもらえないことが!誰も私を必要としないことが!私が誰かを必要としないことが!」

感情的になってしまい頰が濡れたのがわかる
え、私泣いてるの?
悲しいとか寂しいとかいろんな感情が一気に溢れてくる
そうか…私は誰にもこんなこと言ったことなかった
いつも1人で抱えていた
言葉にするとなお感じられる私の本当の気持ち
ああ、私は私が思っている以上に寂しかったんだ
学校での偽物の私も、家での孤独な私も
私はわかってあげることができてなかったんだ
変えて欲しい、変わりたい
ただただ私はそう願う

「変わるなら…変えられるなら…お願い…助けて」

「承知…あんた…前に言ったよね?あんたの父親が悪質ないたずらで企業が不安定になったとか…」
え?
ああうん、確かに言った
お父さんは悪質ないたずらのせいで崩れかけたんだって、地獄屋に何度か依頼したって
「あんたの父親が依頼したのは私じゃない地獄屋の人間なんだ。だから詳しくは知らない。でもこう何度も同じ内容で依頼してくるなんて珍しい…私の予想だと多分完全に終わってない、仕事に支障が出ない程度の解決しかできていないんだと思う。」

それって…つまり悪質ないたずら犯が毎回同じ人間でそいつの退治ができていないってこと?
だからお父さんはなんども地獄屋に依頼して、時期関係なくずっと忙しそうにしてるの?
その犯人のせいで私は、こんなに苦しい思いをしているの?
途端にその犯人に対する黒いモヤモヤした感情が膨れ上がっていく

「だったら私がその犯人をとっ捕まえて手っ取り早く解決させてやろーじゃん?そしたら報酬はあいつの倍だしね笑笑」
あいつ?報酬?何言ってんの?
まあ多分地獄屋の中のことだと思うから突っ込まないでおくけど
すると山野ミナキと目があった
「それじゃあ本日の放課後、地獄屋本部へご案内いたします…お客様」
不気味に笑った山野ミナキ…

私は初めて地獄を買った…

「地獄屋物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く