地獄屋物語

KLがー

第12話 田沼エリカside 前編

田沼エリカside

私の家はお金持ち
お父さんは大企業の社長
お母さんは元から令嬢の家の人で一人っ子の私はよく甘やかされて育った

前までは…ね

1年前お母さんが病気で亡くなった
それから私はお父さんとあと週3で通っている家政婦さんがいるけど…2人で暮らしている
お母さんの家の方の援助が減りお父さんの会社がピンチになってしまったこともあった
今では何とか立て直し、前みたいに大企業の名を守っている。
でもすごく忙しいみたいで家には帰ってこない
かれこれ2ヶ月はお父さんと話していない
家政婦さんも私が家に帰って来る時間には仕事を終えて帰る支度をしている
だから家ではほとんど1人
この広い家で1人

ー 寂しい
ー 1人は嫌だ

でもわがままは言えない
普段の生活に不満が高まりすぎて私は万引きをした
カッコいい先輩やクラスメートを見つけては言い寄って私の寂しさを紛らわす道具にしようとしたり
クラスメートの女子を従えてせめて学校では大満足のいく生活をしてやろうと思ってた。
でもこの前先輩に万引きがばれ
従えてた女子が何人か減って…

気がつくこともある
あ、私何やってんだろう
でもそう思ったって何も出来ないし変わらない
ため息をこぼす
すると

「意外な一面だね」
え?
振り向くと制服の上に黒いパーカーを着てフードを被った人…
「誰よあんた」
顔を上げるその人
え、?
「…!山野ミナキ」

山野ミナキ
何考えてるかさっぱり分からない
クラスでかなり中心のこの私にも動じない
メガネと前髪で顔を見たことなんてない
とにかく謎の多い奴
私は思い通りにならない数少ない人

「ねぇ…どう?」
は?何がよ
でも、この次に来る言葉が私には信じられなかった
「あんたも地獄…買ってみる?」
…え?
どうして?
地獄って…
地獄
「地獄…まさかっアンタッ」

私のお父さんはお母さんが亡くなって企業が不安定になった時
変な地獄を売る…地獄屋って人と関わっていたらしい。
詳しくは聞かなかったけど
あの日お父さんは、「大丈夫だ。この不景気の原因は悪質ないたずらなんだ。解決のために地獄屋に依頼した」そう言った。それからすぐに企業は立ち直り始めた
そしてどうやら何度か依頼していたらしい
地獄屋…何で山野ミナキが地獄屋のことを知っているのか分からない

「田沼様はウチの常連様ですから…でも君が使うのは初めてかな?」
え?
なに?この口ぶり…
まるで売る側みたいな…
「あんた…地獄屋の人間なの?」
「他言無用のはずだけどやっぱ知ってたんだね」
!!
嘘…本当に…山野ミナキは、地獄屋の人間なの?
地獄を売る、あの地獄屋の?

「君は…どうしたいの?」
え?
どうって…なにがよ
まるで私の全てを知ってるみたいな顔の口角が上がった
すると背を向けて歩き出した
「あ、ちょっと!」
私は追いかけようとしたけど…
いない…

山野ミナキ…
もし本当に地獄屋の人間で
もし本当に私の生活を変えてくれるなら
もし地獄屋を…地獄で何とかなるものなら

ー お願い…助けて

「地獄屋物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く