地獄屋物語

KLがー

第8話

山野ミナキ、榊葉尚人
…を忘れてはいないだろうか
これは盛岡恵が田沼エリカと戦っている時の話だ

朝、ミナキが登校してくると毎日のように田沼エリカ率いる女子軍団が何やら押し付けにくる。
そしてそれをミナキが完全無視して田沼エリカを怒らせる
これが恒例行事になっていたのだが…
この日は田沼エリカ達はミナキの元には来なかった
代わりにわざとらしく盛岡恵を見てクスクスと笑っている

ミナキはその様子を見てため息をついた
「今日はあのうるさい奴ら来ないんだな」
2日前に登校を始めた榊葉尚人が声をかけて来た
まだ3日目だが尚人とミナキは仲が良い
「ターゲット変えたのか?」
「…超絶どうでもいい」
が、ミナキは素っ気ない
ずっと窓の方を見ている
「お前…そればっかだな」
「ねえ…君何中学?」
珍しくミナキの方から話しかけてきた。
「え、えっと西中」
「盛岡恵と一緒?」
ミナキが少し
「いや、俺同中いないんだよ」
「そう…か」
ミナキは再び窓の外を向いてしまった
「盛岡恵、なんかあんの?」
「…別に」

昼休み
ミナキは弁当箱を持って教室を出て行く
尚人は女子に囲まれていたがミナキが出て行くのを見つけるとうまいこと巻いて追いかけてきた
「何?」
「何だよ、いいじゃないか一緒に食っても」
ミナキは眼鏡の奥から尚人を見つめると
「好きにすれば」
スタスタと行ってしまった
尚人はクスッと笑うと追いかけて行った

「お前ダチいねーの?」
「上部だけの繋がりに意味なんてあるの?」
ドライすぎる答えに呆れる尚人
「意味とかじゃなくてさ…その、欲しいとか思わないわけ?友達に上部も下部も関係ないだろ?」
「…よく…わからない」
そう言ったミナキはどこか悲しそうだった
「じゃあ…俺がなってやろーか?この先友達が1人もいないようじゃ不便だろ?」
「そうなの?」
ミナキが首をかしげる
「ああ、まあいらないならいらないでいいけど分からないなら試してみるのもいいんじゃねーの?」
「…」
ミナキは黙っている
そして眼鏡を外した
鼻筋を抑える
この動きは眼鏡をつけ慣れていない人の動きだ
「俺をダチにしてよ」
ミナキが前髪をどかして尚人を見る
吸い込まれるような瞳と目が合う
「…ん。よろしく」
ボソッとミナキが呟いた
尚人が目を丸くした後、笑った
「お前、相変わらずだな」

放課後
ミナキはいつも一目散に帰って行く
この日は尚人もそれを追った
ミナキがありえないスピードの早歩きで校門を出る
尚人は駆け足でやっと追いつきミナキに声をかけようとした。
しかし
「山野…?」
ミナキが角を曲がったところで黒い服を着た同い年くらいの人物と何やら会話しているのを見たのだ
かすかだが声が聞こえる
「…から…の依頼」
「1人で…持って…ろ?」
声からして男のようだ
「わる…君…ないから」
「勝ち…ない…ら」
よく聞き取ることができないので尚人はさらに近づいた
「この…ごくは私が売る。ごう…の当主としてね」
「さすが…あくま…」
それ以上の会話を聞き取ることはできなかった


盛岡恵は1人で帰り道を歩いていた
「ロズ…さん」
そしてふと足を止める
「私は今…」
考え込むようにして顔を歪ませた
すると
「呼んだ?」
「へ?」
フードを被った少女ロズが立っていた
「ロズさん!」
「悩み事?」
恵は目を見開いたがしばらくしてロズを見た
「あの…私は今、ロズさんのおかげですごく楽になりました。だけど私が地獄屋さんに依頼したせいで私の代わりに誰かが…エリカさんが苦しんでるのなら…」
恵は目を伏せた
少しの間を置きロズが口を開く

「あんたみたいないい奴はさ『復讐』っていう概念がないんだよね。運良く地獄屋に頼ることができればいいんだけどね、それができない人は抱える負担が大きくなっていくばかりなんだ。でも実際『復讐』を果たすと罪悪感にみまれる。
そりゃいい事じゃないけどね。復讐なんて何も生まないよ。だけど私はこのまま終わらせるなんて納得がいかないんだ」

「…今…エリカさんは苦しんでるのかな」

「それなら心配いらないよ。地獄屋は期間性だからね。復讐を果たしたらそれで終わりさ、もちろん依頼主と話をつけてね」
ロズが恵の前に立つ
「今日はその話を?」
「ああ、田沼エリカしぶとすぎてあんたの苦しみと同様ってわけにはいかなかったかもしれないけど…あんたはこれで満足か?」
恵はコクコクと頷いた
「誰かに頼ってこんなこと…いいこととは思わない。だけどロズさんがいなかったらきっと今の私もなかったです。ありがとうございました」
深々と頭を下げる
「私はあんたの依頼を完璧にはこなせなかった。この埋め合わせは必ずする。

それでは
地獄一丁毎度ありがとうございました…」

恵が顔を上げた時にはもうすでに黒い服を着たフードの少女はいなかった。

「依頼…果たせなかったんじゃないだろ?」
「…ミキト当主」
「果たさなかったんだろ?」
「…さあ、どうでしょうね」

「礼を言う。」
「目の届くところである限りお守りします。

 …クラスメートとしても…」

               つゞく

「地獄屋物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く