地獄屋物語

KLがー

第5話 恵side 前編

恵side

なんだか昨日の放課後は色々あった気がする
エリカさんとか先輩とかエリカさんとか
それから…
ポケットに入れて少し折れ曲がった紙を出した
『地獄屋』
なんだったんだろう
その紙には住所…みたいなものが書いてある
といっても…なんか雑に明らかに手書きで
『〇〇市△丁目1.5番地らへん』
え?らへんって何?
なんかからかわれてんのかな
でも…地獄、復讐
この言葉が私の頭から離れようとしない
でもやっていいことではない…
でもこのままは嫌だ
でも、でも
この繰り返しだ

私がどんなに悩んでいても学校に行く時間が来る
あー行きたくない
憂鬱な気持ちで教室に入る
「それでさあー」
「エリカさんすごい!」
私に気づく
しかしフッと目をそらしクスクスと笑っている
う…
泣きそう
我慢我慢!

ドアのところで気を入れ直していると
「邪魔」
あ、このクールな声は
山野ミナキ
私は振り向いて顔を確認した
ドキッ!
…え?
山野ミナキを見てなぜか昨日の地獄屋を名乗ったフードの人を思い出した
そして復讐、地獄の言葉
心臓がドックンとなった
「ねぇ邪魔」
あ、
どっかに意識が行きかけてた私を山野ミナキが引き戻した
「行かないんだ」
え?
珍しく山野ミナキが喋ってきた
「みんなのとこ」

エリカさんのことだ!
「やっぱりバカにしてるじゃない!エリカさんの…」
そこまで言いかけた私を遮るように山野ミナキが口を開く
「みんなって言ったけど?…一番意識してんのあんたじゃん」
ぎく!

確かにそうだ
山野ミナキはみんなのとこって言った
頭の中心にあるのは前も今もエリカさんだ
「笑笑恵、山野さんとこ行ったの?」
「いいんじゃない?キモ子同士笑笑」
う…

山野ミナキっていつもこんな感じだったのかな
横目で見て見る
メガネと前髪で何の感情も見えない
なんかかっこいい…

「このままでいいの?」
え?
山野ミナキと目が合…ッ

ズレたメガネの向こう、前髪の間から少しだけのぞいている山野ミナキの素顔
ブス子と呼ぶにはあまりにも抵抗がある
そんな吸い込むような綺麗な瞳…
え…この人が山野ミナキ?
ブス子っていわれてる?
私の方が圧倒的にブスじゃないか

このままでいいの?
無意識にあの紙を見ていた私
すると
どん!
わ!
何かにぶつかった
…エリカさんだ
「どいてくれる?今から宇佐美先輩に会いに行くの」

宇佐美先輩
エリカさんはニヤニヤと笑っている
怖くて何も言えなくて…
その時
エリカさんの顔がいきなりぶりっ子モードになった
「尚人くーん♡」
は?
「今日は遅いねーねぇねぇ聞いてくれルゥ?」
は?
宇佐美先輩が好きなんじゃないの?
なんで尚人くんにまで?

地獄屋の紙を握りしめた

放課後
私はあの紙に書いてある1.5番地に行ってみることにした
…んだけど
そんなとこない!
やっぱりからかわれただけ?
あるのはちょっと古い建物とちょっと新しい建物
人気はないし、なんか暗い感じ
やっぱ帰ろう
「お客さん?」
え?
この声…どこかで
振り向くと、
!昨日のフードの人!
でもこの声はもっと違うところで聞いた気がする
「帰るの?好きにすればいいけど」
う、
フードの人は私を通り過ぎて
え?建物と建物の間に立った
「ちなみに地獄屋はこっちだよ?」
その間の道を進んで行く

頭をよぎるのは先輩の顔とエリカさんの顔
「ま、待って」
黒い後ろ姿を追いかけた

長くない?この道
どれだけ続くの?
しばらくほんとしばらく歩いてやっと景色が変わった
…わあ
なんだか不思議な空間
倉庫みたいな変な建物がある

『地獄屋』
って書いてあるよ
本当に地獄屋なんだ
なんか怖いな

「どーぞ」
う、怖

ちょっとビクビクしながら足を踏み入れた

「地獄屋物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く