地獄屋物語

KLがー

第4話

古びた大きなビルとまだ新しいビルの間
人が2人並べるかくらいの細い道
黒いバイクはギリギリその道を通れる
スピードが出たままその路地を突っ切る
やたら長いその道を抜けると
ひらけた空間に当たる
そこには倉庫のようなちょっと不思議な建物
ドアの前に丁寧な明朝体で書かれている
『地獄屋』の文字

フードを被った少女は中に入って行く
銀色の髪の少年はカウンターのようなところでグラスを磨いている
「驚いた…めんどくさいのがあれほど嫌いなお前が自分から名乗り出るなんてな」
グラスを置いて少女を見る
「めんどくさい…よりも面白そうだったから」
フードの下で少し微笑む
「盛岡恵…盛岡って」
「そういやボスってふっつーの名前だったよね」

ギギーと音を立てて扉が開く
同じくフードを被った人物が入ってきた
2人に気づきフードを取る
真っ黒の髪、スラリと背が高く整った顔
少年だ
「よおロズ、ソレル」
「ジェン」

ロズと呼ばれた少女はフードを被ったまま
ソレルと呼ばれた銀髪の少年は片目が隠れている
ジェンと呼ばれた黒髪の少年は邪魔くさそうに髪をかきあげる
「おつかれ」
「遠征はめんどいでしょ」
2人の言葉に黒髪のジェンは持っていた荷物を乱暴において答える
「相手はショボい割に無駄に体力が減る」

「それよりお前」
ロズという少女を見る
「自分から出たってマジ?」
「まぁ…ね」
「は?アハハハッ笑笑」
なぜか爆笑している
「へえ…で?客は?」

「盛岡…恵」

「もりおか…?」
顔色が変わる
「単なる同名ではないよ?」
ニヤッと笑う
「…おもしれぇ」

すると再び扉が開く
恐る恐る顔を覗かせるメガネをかけた少年
「あの…ここが地獄屋さん…ですか?」

3人がフッと笑った
「「ようこそ…地獄屋へ」」

「地獄屋物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く