地獄屋物語

KLがー

第2話

「やーまーのーさん!放課後さー先生に頼まれたことがあるもんでそれ、変わってくんない?」
いつもの女子軍団がミナキの席を囲っている
クラスメイトからしたらいつもの事で気に止めるものはいない
しかし…
「自分でやれよ」
隣の席の 榊葉尚人が女子達を睨む
意外すぎる出来事に教室がざわめく
「え、あ…冗談だよーあは、はは」
決まり悪そうに去って行く女子達
イケメンには弱い

尚人がミナキをちらりと見る
ミナキは視線に気付いた
「何?」
「どういたしまして」
「頼んでない」
「うわぁ可愛くなっ」

昨日の一件だけで尚人は普通にミナキに話しかけられるようになっていた
しかしそれはクラスメイトから見たらありえない光景だ
一番ブサイクだと言われているミナキと
一番イケメンだと言われている尚人が親しげになっているからだ
尚人からしてみれば他のきゃぴきゃぴ女子とは違うミナキとは関わりやすいのだ

「お前さ、なんでメガネかけてんの?」
尚人は以前ミナキの素顔を見ている
少なくともこのクラスの中では
ダントツトップの美人だ
あだ名がブス子だという事が謎すぎる
「容姿になんの意味もない」
ミナキはクールに言い捨てる
「う…わぁ」
尚人はフリーズしていた

その日の放課後
ミナキがダラダラと片付けをしている
この日は委員会の当番が残っていたので教室を出るのは最後だった
鞄を持ちドアに向かったその時

ガラッ!
勢いよくドアが開く
そして1人の女子生徒が駆け込んできた
案の定ミナキと激突!…すると思ったが
その前に女子生徒が入り口の段差でつまずきコケてしまった

しかし起き上がろうとしない
よく見てみると少し肩が震えている
どうやら泣いているようだ
「う…ぐす、う…」

さすがにミナキもどうしていいかわからずその場に立ち尽くしている
しかしうつ伏せになっている女子生徒はどうやらいつもミナキに何かしら押し付けてくる女子軍団の取り巻きの1人のようだ
ミナキはドアの前で倒れられているので帰ろうにも帰れない状態だ

「ざまぁって…思ってるんでしょ…」
ミナキのことには気付いていたようで顔を上げずに涙をぬぐいながら言った
「エリカさんのいいように使われて…ざまぁって思ってるんでしょ!!」
エリカ
田沼エリカ
くるくると髪を巻いている女子軍団のボス的な生徒だ
クラスの中でも女王的存在である
取り巻きの女子生徒はその田沼エリカと何かあったようだ

「別にどうも思ってないし、超絶興味ない」
ミナキはそれだけ言うと反対側のドアから教室を出て行った
予想外の答えにうつ伏せになっていた女子生徒はぽかんとしていた

ミナキは下駄箱で靴を変えていた
すると下駄箱の向こう側から田沼エリカ率いる女子軍団の声がした
「いいんですか?恵泣いてましたよ」
「あいつが悪いんでしょ?写真がSNS行きじゃなかったからいい方じゃない?笑笑」
「ですよね!追放で済んだんだし!」
ケラケラと笑う女子の声

それを聞いたミナキはため息をついた
「なるほどね…」



細い道を抜けた先にあるひらけた土地
そこに建つ謎の建物『地獄屋』の文字
黒バイクから降りた茶色毛の人物が中へと入って行く

意外と綺麗な黒色の扉
ギギーと気味の悪い音を立てて開く
外見は思いっきり倉庫だが

黒色の壁紙、上方に複数ついている洒落たオレンジ色のランプ
焦げ茶色の無垢フローリングの床
など、おしゃれなカフェのようなデザインだ
「やあ…ロズ」
髪の一部が銀色の少年が声をかけた
「ハーイ」

枝分かれして繋がっている7つの部屋
ロズと呼ばれた人物はそのうちの赤い扉の部屋に入る

しかしすぐに出てきた
入って行った時よりも荷物が増えている

「珍しいね…依頼受けてないのに仕事?」
先ほどの少年が問う
「いや…ちょっと準備?」
そう言って笑った瞳はどこか美しい…少女のようだ

「盛岡…恵」
少女の言葉に銀髪の少年の顔色が変わった
「なんだって…?」

              つゞく

「地獄屋物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く