地獄屋物語

KLがー

プロローグ


 『お母さん、お父さんはどこ?』
 『お父さんはね 天国 にいるのよ』
 『天国って楽しいところ?』
 『お母さんは行ったことないけど…  
     きっと素敵なところよ』
 『ほんと?』
 『ええ、でもお母さんは今こうして
     一緒にいられる方がずっと素敵!』
 『うん!えへへ』
 『だからね、長生きしなきゃダメよ』

  ー  母は病室のベットの上で
        言葉を覚えたばかりの私に笑いかけた

 『お母さんはもうすぐ
    天国へ行っちゃうかもしれない』
 『そうなの?』
 『お医者さんがね そう言ってたの…』
 『天国に行くの?』
 『いい?良いことをたくさんすれば
    天国に行けるけど…
    悪いことをたくさんしたら
      地獄  に落ちちゃうのよ』

  ー  地獄

 『地獄?』
 『怖いところよ
    だから人には親切に、物は大切にしなきゃダメよ?』
 『…うん…』

  ー  この後の母の言葉はあまり覚えてない
        幼い私の脳内で何度も繰り返される
        地獄  という言葉
        地獄…

 『だからいい子でいてね
    大好きよ、ー』

  ー  母は私の名前を呼んだ
        それ以来、母の声を聞く事は無かった


人気のない路地の突き当たり、薄暗い空き地
その空き地にゴミのように倒れこむ
十数人の柄の悪い男達

「ま、待ってくれ…」
後ずさりする大男

「地獄…一丁毎度あり…」
赤い瞳がギラッと光る

月明かりが不気味に差し込む街中を響き渡る悲鳴

「悪いことしたら地獄に落ちちゃうんだよ?笑」

「地獄屋物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く