地獄屋物語

KLがー

第1話

おきまりのチャイムが鳴り響く
街のど真ん中にある大きな高校
1人の少女が教室に入る
窓際一番後ろの席に着く
メガネと少し長めの前髪で目元がよく見えない
かみは長くも短くもないがほんのり茶色がかった不思議な色だ
なんのオーラもなく極普通の地味な少女

「やーまーのーさん!」
午後の授業が終わり
くるくると髪を巻いた女子とその取り巻き達、計5、6人が少女の席を囲う
「掃除当番変わってくれるよね?」
「暇でしょ?」
少女はピクリとも動かない
「聞いてんの?」
少女はため息をつく
「は?ため息とかウザッ」
「やっと来なさいよー」
女子たちが去る
「うへー女子怖っ」
「でも助ける気になんねえ笑」
「それな笑笑ブス子だし笑」
ブス子という如何にもなあだ名が付いている

放課後
クラスメートが帰り、残っているのは少女だけだ
グッと伸びをしてメガネをずらす
「めんど…」

たわいのない毎日が続いていた
一般人が送るたわいのない毎日を…

翌日
予鈴がなる
担任が教室に入ってくる
「はーい、席に付けー今日は新しいクラスメートを紹介するぞー」
教室がざわつく
「高一で転入って何それー」
「まだ7月だぜ?」
担任がフォローを入れる
「行っとくけど転入生じゃないぞ、初めからここの生徒だったんだが事故にあって来れてなかったんだ」
「事故ってやばー」
「かわいそー」
「どんな事故だったんすか?」
担任が記憶を探るようにして答える
「確か…自転車で曲がりきれずに突っ込んだとか言ってたな。幸い怪我人は本人だけで被害も少なかったんだが骨折で…」
そこまで言いかけると教室の扉がガラッと開いた

背が高くスラッとしていて髪はサラサラ
キリッとした綺麗な目とバランスの良い鼻と口
いわゆるハンサムというやつだ
女子達が一気に騒がしくなる
「あの先生、あまり個人情報バラさないでもらえます?」
クールに言い放つ
「やっば!めっちゃイケメンじゃん!」
「彼女いるかな?」
「最高♡」
イケメン男子生徒はそんの反応にため息をつく
「いやーすまん、自己紹介を」
「榊葉尚人です」(サカキバ ナオト)
軽く頭を下げる
女子達の歓声が響く
「君の席は…」
「あそこ空いてんすか?」
そう言って尚人が指差した席は
窓際一番後ろの隣…
ブス子の呼ばれている少女の隣だ
隣の席になるのを拒み、誰も座らなかったのだ
「空いてるぞ」
尚人はスタスタと進みその席に座った

案の定クラスはざわめく
「なんでブス子の隣なの?」
「後で後悔するぜ」
少女は一度も尚人と顔を合わせることなく
放課後をむかえる
尚人は一日中女子に囲まれていた
しかし尚人本人は完全に無視し続けるという始末だった

「やーまーのーさん!今日もよろー」
女子達に押し付けられる掃除当番
少女は動かない
もはや恒例行事だ
尚人は横目でその様子を見ていた
尚人を囲っていた女子達が言う
「ほら、やっぱりこの席やめたほうがいいよーブス子って呼ばれてるんだよ?」
「そうだよーこっちおいでよー」
尚人は軽くため息をついてから言った
「俺、手続きとかまだだから」
そそくさと教室を出て行った
女子達は尚人の帰りを待っていたが
しばらくして諦めて帰って行った

教室には尚人の鞄、
そして雑に掃除をやっている少女だけが残っていた
ガラッとドアの開く音がなる
「やっと帰ったか…あ」
尚人が入ってきて少女に気づく
ダラダラと掃除をしている
それはあまりにも早い…
が、かなり綺麗になっている
少女が掃除道具を片付けようとすると
こちらをガン見していた尚人と目が合う
「なあ…」
尚人が沈黙を遮った
「なんで黙って掃除当番押し付けられてんの?」
クールに聞いた
少しの間をおき、少女は顔を合わせることなく言った
「あー考えたことなかった」
「は?」
思いもよらぬ解答に目を丸くする尚人
すると少女が尚人の顔を見た
「名前なんだっけ」
「え、榊葉尚人だけど…っていうか朝言った…掃除当番、断ればいいのに」
少女は鞄を片付けながら言った
「めんどくさい」
「へ?」
少女がだるそうに言う
「掃除当番ごとき…どうこう言う気はない」
尚人は完全にフリーズしている
少女は鞄をワイルドに担ぐ
そしてメガネをうっとおしそうにズラした

メガネの向こう側の目は大きく、少しつり目寄りの吸い込むような綺麗な眼差し
高めの鼻に綺麗な形をした唇
茶色の髪と白い肌がよく似合う普通に美人に分類される顔立ちだ

予想外の少女の素顔に口を開ける尚人
「超絶興味ないんで」
クールオーラをバンバンに放った少女が教室を去ろうとする
「あ!待って」
尚人が正気を取り戻して止める
「名前…何?」
少女は扉をガラっと開けて
少しだけ振り向いて言う
「一応…山野ミナキ」
そしてメガネを再び掛け直して去って行く
尚人は固まっていたが、思わず漏れてしまったかのような力のない声を出す
「か、カッケェ…」


シンプルなシャツに黒いフード付きパーカーを羽織る
ダーク色の引き締まったダメージジーンズ
フードをとると風になびく茶色っぽい髪
オフロードヘルメットを被り
黒いバイクにまたがる
夕日の差し込む街中を走り抜けた

古びた大きなビルとまだ新しいビルの間
人が2人並べるかくらいの細い道
黒いバイクはギリギリその道を通れる
スピードが出たままその路地を突っ切る
やたら長いその道を抜けると
ひらけた空間に当たる
そこには倉庫のようなちょっと不思議な建物
ドアの前に丁寧な明朝体で書かれている
『地獄屋』の文字

ヘルメットを取るとすぐにフードを被り
その建物へと消えていった

「地獄屋物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く