異能者学校へようこそ!〜最強異能者の少年〜

赤い羊

僕の記憶の謎


朝の5時。
いつもより、かなり早い時間に目を覚ました雫は、早速家事に取り掛かった。

昨日洗った服を干し、掃除機をかけ、夜ご飯の仕込みをすませる。
そうして一通り終わると、ソファーに座り、ボーっとベランダを見る。

(………昨日、本当に仕事したんだよね……?)

視界の端に着た覚えのない、黒い仕事服が風に揺られているのを見て、首をかしげる。


(………4回目・・・だ。僕が伊野海学校に入学してから。)

ーーー突然だが、僕はたまに記憶が消えることがある。
なぜか、と言われても僕にも分からないから、答えようがない。人に聞こうにも、記憶を失う時が、殆ど暗殺の時なので、聞きようがなかった。

いや、むしろ覚えていない方が幸運なのかもしれない。いくら仕事だと割り切っても、暗殺は全然良いものではない。
しかし、やはり記憶がなくなるのは、気味が悪く、一度師匠に聞いてみたら、一瞬驚いた顔をして、その後泣きながら必死に謝られた。

…………そんな風にされてから、理由を聞くことも出来なくなった。だって、もうあんな顔は、見たくないから。

まぁ、そんなこんなで、結局僕の記憶の謎は、未だに解決されていない。

(気にしなければ良いだけ。……だけど、最近は回数が増えてきてる……)

伊野海学校の入学式は、今から5ヶ月程前に行われた。僕が入学したのは、その2ヶ月後の事だ。

つまり、この学校に来てから、3ヶ月しか経っていない。それなのに、4回も記憶が消えている。

(………今までは多くても、半年に1回あるかないかだったのに……)

……もしかしたら、僕が知らない条件があるのかもしれない。

調べてみて分かったが、僕が記憶を失くす時は、関連性があった。それは恐らく【自分がピンチに追い込まれた時】だ。
何故そう考えたかというと、いつもは無傷で仕事を終えるが、記憶がない時は、必ず怪我を負っているからだ。

中には例外もあったので、もしかしたら根本的に間違っているのかも知れないが……
条件が増えた可能性も、否定出来ない為、何とも言えない。

「ピロリロリーン♬」

部屋に陽気な音が鳴り響く。
……どうやら、ご飯が炊き上がったみたいだ。
雫は思考を一旦停止して、時計をみる。時計は6時半を指していた。

(……まだ学校に行くには、時間があるなぁ…)

少し考えるように目を伏せた後、首元から学校用のアーティフェクトを取り出す。

そこから雫は、朝食と準備を済ませ、師匠の住処へと向かった。




僕の家から少し離れた所にある、師匠の住処(と言うよりは訓練所のようなものだが)は、ビルが立ち並ぶ、街の中心地にある。

駅から出て少し歩くと僕は、数あるビルの中の一つである、シックな雰囲気のビルへと足を運んだ。

入り口から堂々と入っても、通行人から怪しまれることはない。

(………まぁ、気配とかなるべく消してるからね。)

そうして問題なくビル内に入ると、長い廊下が続いている。どこもかしこもドアだらけだ。

その中の一つに、迷いなく歩を進める。指輪型のアーティファクトをセンサーに通すと、ドアがひとりでに開いた。

扉が閉まる音を背に、ひたすらに暗い廊下を進むと、再びドアに当たった。

………ちなみにこの暗い廊下には、いくつもの仕掛けが施されており、一つでも引っかかると、普通の人なら死ぬ。

ドアノブに手をかけ、深呼吸を一つする。
ドアノブを引き、ドアをくぐり抜けた瞬間、僕は猛スピードで走り出した。

そのすぐ後ろからは、張り付きの天井が落ちてきている。勿論刺さったら、文字通り血の海になって、見るも無様な姿で死ぬ。

そうこうしている間に、廊下に突き当たりが見えた。
そこへ進路を急激に変えて、でんぐり返しのように転がり込む。

やっとの思いで部屋にたどり着き、息を整えていると、僕にいつものメンバーが馴れ馴れしく話しかけてきた。

「やっほぅ〜しっちゃん〜」
「よう、死神カマ野郎。」

僕は額に青筋を浮かべる。しかしその後に続いた言葉に目を輝かせた。

「ああ、こちらにくるのは、久しぶりじゃないか?しー?」

「師匠!お久しぶりですっ!」

今話し掛けてきた、この人は僕の師匠だ。


「異能者学校へようこそ!〜最強異能者の少年〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 月

    最後の方、主人公が犬のように思えた…。
    続き待ってます(*´艸`*)

    0
コメントを書く