話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

炎獄のナイトクラッシュ

伊那国濤

幕間 〜世界と世界の狭間〜

 これは異世界へと潜っている途中のお話。

 「おーい、みんな、大丈夫か?」

 「えぇ、私は。」
 「大丈夫です。」
 「同じく。」

 「良かった。とりあえず、全員無事のようだな。」

 「ところで東藤君、ここってどこなのかな。」

 確かに。見渡す限り果てしなく遠くまで続く漆黒の闇。一体何処なんだよ!

 「まぁ、何はさておきここは進むべきなんじゃないか。他に案がある訳でもないからな。」

 そう言って俺らは歩き始めたのだが。そう簡単に上手くもいかない。この前後左右すらまともに分からないような、暗闇の中でありまして。

 「そうね。本当に進みづらいわね。」

 だから超能力!こんな場所でも出来るのかよ!

 って言ってまた歩き始める。すると、今度は、

 「疲れましたー。もう、駄目〜。」

 三波のネガティブ発言を今日俺は初めて聞いた。なかなか、これもいいな。

 とか、言ってる場合でもなさそうだ。確かに俺も足が棒になりそうだ。

 「そうね、流石の私でもなかなか、疲れたわね。そろそろ休息が必要かしら。」

 「妙ですね、おかしいです。私が前回来た時はこんな感じではありませんでした。」

 「何だって!それは本当か!何故それを早く言ってくれないんだ、エリーヌ。」

 ああ、最後はもう怒鳴る気力もなかった。

 「はい、前回来た時は直接、異世界へと入る事が出来ました。」

 じゃあ、何故俺らは…

 「何処かで、はぁ、道をぉ、間違えてしまった、はぁ、とかですかね、はぁ。」

 三波をこれ以上喋らせると、本当にヤバそうだ。 

 「否、違います。おそらく、潜る前のあの、複数人同時使用可能の装置に何か不具合があったのだと思います。」

 じゃあ俺らは今後、どうなることやら。

 と、思ったや否や。

 途端に突如として現れたのは、紛れもない、一筋の光!

 「見て下さい!光です!」

 ああ、エリーヌ、悪いが、全員がその謎の光を熟視しているようだが。

 と、言おうと思った方が早いか、俺らはその謎の光の中へと吸い込まれていった。



「炎獄のナイトクラッシュ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く