ラブ × ロワイヤル

小森 美佳

1 プロローグ

長谷部 愛華と森口 佐奈恵は幼馴染で親友同士。
そして、同じ桜園大学に通う2年生。

私達が通っているこの大学は、TVや雑誌の取材で有名人がよく訪問していたり、ドラマや映画の撮影場所としても数多くの作品に使われていて、全国的にかなりの知名度があると同時に、芸能人がよく訪問するという理由で全国民が羨ましがっている。
そして3年前からはもうひとつ理由ができた。

それは、知らない人はいないほど若者から絶大な人気を誇るアイドルグループの " FIVE RINGS " のメンバー全員がこの大学の現役生として在学していること。

この事実が発覚したその日から、大学進学なんて全く考えていなかったのに、当時からFIVE RINGSの大ファンだった私達は、会いたいという理由から迷うことなくこの大学への進学を希望した。


偏差値69のこの大学は、当時の私達のレベルでは程遠くて、毎日死ぬ物狂いで必死に勉強して、2人揃って合格できた。
結果を知った時は夢みたいで、大泣きしながら喜んだのが今となっては凄く良い思い出。



それからというもの、FIVE RINGSの人気は凄い勢いで増え続け、今となっては合格率、競争率共に全国トップ3クラスといってもおかしくない。


FIVE RINGSのメンバーは5人。
センター、愛澤 幸太 (あいざわ こうた) 20才 。
メンバーカラーは赤。
見た目はかなり派手だが、FIVE RINGSのメインボーカル。
その見た目からは想像もつかない魅力的な甘い歌声に、ギャップありすぎと惹かれるファン多数。
だけど、俺様的な性格でかなりの自己中だと噂あり。


人気ナンバーワン、花咲 類 (はなさき るい) 19才。
メンバーカラーはピンク。
高身長で少女漫画から飛び出してきたかのような綺麗で整ったルックスに、色白な肌。
一流大学出身の両親を持ち、運動神経抜群で料理上手。
ファンの間では「類様 / 花咲王子」と呼ばれている。
最近は俳優としても活躍し、出演作多数。


人気ナンバーツー、水沢 雄貴 (みずさわ ゆうき) 19才。
メンバーカラーは黄色。
類とは小学校からの幼馴染で良き理解者。
男らしい顔立ちと長身で男性からの人気も高い。
力強い目つきが印象的で、無口なクール系。
実はメンバーのことを1番考えていて、時に冷静な判断ができるしっかり者。
人気メンズファッション誌の専属モデルとして活躍中。


4人目は、草野 澪音 (くさの みお) 21才 。
メンバーカラーは青。
イタリア人の父と日本人の母を持つハーフ。
笑った時に現れるエクボと、頬にあるホクロがトレンドマーク。
可愛らしい見た目からは想像もつかないが、メンバーの中でダンス歴が1番長いかなりの実力者。
時々、楽曲の振付けなども担当。
プロデューサーやメンバーからの信頼が高い。


5人目は、椿 雅斗 (つばき まさと) 22才 。
メンバーカラーは紫。
FIVE RINGSのリーダーで、子役出身。
ムードメーカーではあるがお茶目な一面を持ち、時に空回りしがちなちょっと抜けてる最年長。
MCが上手く、ライブやバラエティ番組などでは率先してそのポジションを務めている。
芸人顔な見た目から、なかなかアイドルだと思われないことが悩みらしい。


CDやDVDを出せば必ず1位。
ライブのチケットもわずか数分で完売し、号泣するファンが続出したとニュースで話題になった事もある。

雑誌の表紙もたくさん飾っていて、本屋の雑誌コーナーで彼らを見なかったことは一度もない。
TVにもほぼ毎日のようにエンタメの話題になったり、多くの歌番組やバラエティ番組に引っ張りだこ。
彼らをTVで見ない日はないと思う。

さらに、最近発売したばかりの写真集は
あり得ないスピードで売れ、売り切れの書店が続出。
入荷待ちにも3週間前後かかると話題になり、業界写真集売上げ歴代1位を最速で獲得したばかり。



そんな、今やチケットが取れないアイドル 第1位のFIVE RINGSのメンバー全員がこの大学に在学している。


愛華は、ファンの愛澤 幸太くんと同じ教育学部に在学中で、草野 澪音くんもこの学部に所属。

佐奈恵は、ファンの花咲 類くんと同じ文学部に在学中で、椿 雅斗くんもこの学部に所属。

水沢 雄貴くんは、法学部に在学中。

でも、FIVE RINGSのみんなは仕事が忙しく、ほとんど大学内では見かけたことがない。

私達はこの大学に入学して2年目に入ろうとしていたが、メンバー達が大学に来ている所を見たことがなかった。
本当は通っていないのではないか。
大学側が人気を集めたいためについた、嘘なのではないかとも思った。


それが、5月の大型連休明けのある日のこと。
私達の長年の夢は叶うことになる。




「ラブ × ロワイヤル」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く