自己嫌悪な私のヒガイモーソー

冷奴。

もう関わらないでよ(1)

(お願いです
もう私に関わらないでください)


私は“明るくない”
だからみんな私が嫌いなんだ
みんな
みんなみんな。

私も
私もみんなのことが嫌いです
だって
だって


あれ?
え、
だって、
え?
嫌い
嫌い
なんで、
急に答えられるわけないじゃn
(同じだよ、同じ)
あの時と同じ

(何度も何度も
私を狂わすあの“2つ”の記憶)

落ち着け私
大丈夫

(何度考えても意味ないよ
だって******だけだから)

違う
チガウ
違う

、、、
もういいや
あとで考えればいいんだよ



そういえば、
みんな、私のこともう嫌いかな
兄弟のみんなも私のこと嫌いかな

、やったぁ
(え?)




フィクションです(^^)
最後まで見て頂き、ありがとうございます
見ていただいた方の中にはどういうことだ、と?を浮かべた方もいるでしょう。というか?しか浮かばないのでは…()出て来ましたし…
前より大分短くなってしまい、ごめんなさい ‍ ️
ダメダメな作者ですが、優しい方は見守ってやってください_:(´ཀ`」 ∠):
語彙力の無さ、辻褄の合わないような文章、これらにはちゃんと意味があります!飽きずに見ていただければ幸いです!

「自己嫌悪な私のヒガイモーソー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く