話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異能ガチャと勇者逃亡生活

バーニー

雑談のフェンと樹

樹「フェン、冒険者ギルドに行って依頼を受けてくれないか?」

 ヤナと話しをした次の朝。樹はザールやオトメ、フェン達と食事をしながら樹はフェンに提案した。

フェ「良いよ。」

 フェンは理由を聞かずに了承した。

樹「理由を聞かなくて良いのか?」

 樹は理由を聞かないフェンに驚きながら聞く。

フェ「ヘブンの時に言ったけど私は樹の事を信頼してるからね。」

 フェンは笑顔で樹に返事を返す。

樹「信頼しすぎじゃないか?」

 樹は恥ずかしそうに頭をかく。

フェン「助けられたからね。あれは私の人生を変えたの。信頼もするよ。」

 フェンも恥ずかしそうに頬を染めながら言う。

樹「ありがと。」

 樹は目を逸らしながらお礼を言う。

オト「あぁ、熱いわね 」

ザー「ここに居ない方がいいか?」

 オトメは頬を少し紅くして、ザールは少し困ったような表情をしていた。

樹「あっいやその!、」

フェ「うぅぅ。」

 樹とフェンはオトメ達の反応を聞くと必死に否定した。

オト「まあ、良いとして何で冒険者ギルドに? 」

樹「おっおう。」

 樹は同様しながら答える。

樹「まずこれからお金を稼ぐために依頼を受けると思うんだけど魔物と戦うために連携を経験しといた方がいいと思うんだ。あと、正宗を使ってみたい。」

オト「なる程 」

 樹の説明にオトメは納得したのか頷いている。

樹「オトメは……」

オト「行くわよ 」

 樹がオトメは来ないように言おうとするとオトメが妨害してきた。

オト「昨日は行けなかったのよ。今日は行くわ 」

 オトメは昨日行けなかった事を根にもっているらしく強行突破してきた。

樹「分かったよ。」

 樹はしょうがなく了承した。

樹「ザールお前は?」

ザー「私は行かないよ。」

 ザールは来ないようだ。

樹「ご馳走様。」

 喋っている間に食事が終わり樹達は準備をして冒険者ギルドに向かった。

樹「ここが冒険者ギルドか。」

 樹達は今冒険者ギルドの前にいた。
 冒険者ギルドは木がメインの建物となっており看板だけのシンプルなデザインになっている。

フェ「早く入るよ。」

 フェンは当たり前だよ?てな感じてすぐに入ろうとする。

樹「分かったよ。」

 そう言って樹も入って行った。

 入ると見えたのはマッスルポーズをする男達の姿だった。

マッチョ「ようこそ冒険者ギルドへ!!」


「異能ガチャと勇者逃亡生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く