話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異能ガチャと勇者逃亡生活

バーニー

漁業と商人の都市アトラと再開


 樹達はヘブンを旅立って数ヶ月経過した。
 そして樹達はある都市にいた。

樹「ここが漁港と商人の都市アトラ」

オト「えぇそうよ 」

フェ「凄いね!」

 都市の名前はアトラ。漁業が盛んな都市だ。
 それでいてここは他の大陸に行き来する時によく使われるため商業も盛んな都市でもある。

 この世界は一つの大陸に大きな国が大陸の支配者として君臨していることが多い。
 そして勇者教国もその一つで大陸を渡らなければいけなく樹達はこの漁港と商人の都市アトラに来たのだ。

樹「どうする?観光でもするか?」

フェ「そうだね。別に急ぎじゃないし。ここは商業が有名だから良い武器があるかも、ほら樹は武器無いし。」

樹「確かに。じゃあ宿を探すか。」

 それから樹達は宿を探すが商業の有名(漁業でも有名)な都市なだけあって商人がいっぱいいるのだろ。宿はだいたいが満員だった。

フェ「どれも満員だよ。疲れた~~。」

樹「確かになぁ。」

 探すときは昼あたりだったのにもう日が暮れている。
 どうするか樹は考えているとあることを思い出す。

樹「そういえばザールどうしたんだろ。」

オト「そういえばいつの間にかいなくなってたわね 」

フェ「確かに。」

 ザールのことを喋っていると……

?「樹~!フェン~!」

 呼ばれている方に視線を向けるとそこにザールがいた。

樹「ザール!」

 樹達はザールがいる所に向かった。

ザー「げっ何でお前が。」

オト「それはこっちのセリフよ 」

 ザールはオトメを睨み、オトメはザールの睨みを受け流した。

ザー「自分の家を持っている。そこで住んでるんだ。」

樹・フェ「えぇ!!」

 何とザールはここに住んでいるらしい。

ザー「ここは商人の都市(漁業の都市でもある。)と呼ばれるほどだ。あらゆる情報が飛び交っている。ここに住んでるだけで情報収集になるから普段はここで情報収集をしているのだ。」

 確かに理にかなっている。樹はそう思った。
だが……

樹「それって言っていいのか?」

ザー「あっ。」

 ザールはしまった!という表情をしている。

樹  やっぱりダメだったんだ。

 樹は内心呆れた。

ザー「どうか言わないでくれ。」

 ザールは凄く慌てて言われないように頼む。

樹「言わないでやるよ。その代わり条件がある。」

ザー「条件とは……」

 ザールからゴクンと唾液を飲む音が聞こえる。

樹「条件とは……お前の住んでるという家に住ませてくれ。」

ザー「わっ分かった。」

 ザールは少し拍子抜けした表情をして返事をした。
 もっとひどい要求をすると思ったらしい。

 まあ、これで住む場所は獲得した。








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

変更があります。まず平民が稼げる1年のお金を金貨5枚から金貨2枚に減らしました。
 あと、桜橋さくら桜橋さくらばしに変更しました。



 

「異能ガチャと勇者逃亡生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く