話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異能ガチャと勇者逃亡生活

バーニー

フェンの覚悟です。

 「魔王軍襲撃、魔王軍襲撃」

樹「!!」

「魔王軍は北の城壁に向かって進軍中戦える者はすぐに北の城壁に向かってください。」

 フェンと勇者の教会に行こうとしたところに魔王軍の襲撃警報が。
 樹が戸惑っているとフェンは、
 
フェ「樹!行こう!」

樹「おっおう」

 手を引かれ北の城壁に向かった。





オト「さぁ、今日は魔王軍を倒すわよ 」

 樹達が城壁についた時はあの怪物軍隊と冒険者がたくさんいた。

 いつものフェンならあの怪物を見たりしたら避けたがるのにフェンは自分から近づいていく。
 いつものフェンじゃない感じだ。

フェ「オトメさん!」

オト「あなたはフェンと樹ちゃんじゃない!」

 フェンに呼ばれたオトメは樹達を見るやビックリしている。
 
フェ「忙しい所すみません。唐突なんですか私を最前線に置いてくれませんか?」

オト「本当に唐突ねぇ でも最前線に置くことは出来ないわ 」

フェ「いえ最前線にして下さい私は……」

オト「バカいってんじゃない!」

フェ「…………」

 オトメはいつもみたいな女を意識してるような、最後に が着くような喋り方しずに怒鳴った。
 その雰囲気は激怒。

オト「貴方たちは今まで最前線が嫌でも最前線をやらされ死んだ人達を知ってる?ある人は最前線に送られるその次の日が結婚式だったの。なのに最前線に送られて死んだわ。そしてそれを知った彼女の方は自殺した。他にもまだ話はあるわ。でも言えるのは死んだ人は帰って来ない。だから……」

 そこまで言ってオトメはフェンを見ると、

オト「貴方はまだ少女じゃない。そんな人を最前線には送れない。それに貴方には樹君がいるじゃない。」

 オトメは慈愛の表情でフェンを見る。
 だが、

フェ「私は最前線に行きます。」

オト「なんでっ……」

フェ「私は……」

 フェンは決意したような真剣な顔で、

フェ「私は樹に救われました。目的もなくただ言われたとおりに生きてきた。けど、樹が助けてくれた。自由に生きることを教えてくれた。それで決めたんです。私は自分が死ぬ時にこれまでの人生は良かったと、自信を持って死にたいと。そして、ここでこの街を見捨ててどこかへ行けばきっと後悔する。だから戦うんです。」

オト「なら最前線じゃなくても。」

フェ「最前線に行けば戦ってる人も楽になります。それに私はそれなりに強いですし。」

オト「はぁ、ここまで言っても駄目ならいいわ。最前線にしてあげる。」

フェ「本当ですか!」

オト「えぇですが私も一緒にいくわ。イイわね 」

フェ「はい!」


 こうしてフェン達は最前線に向かうことになった。





樹   あれ、俺いま空気じゃね。主人公なのに?








「異能ガチャと勇者逃亡生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く