話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異能ガチャと勇者逃亡生活

バーニー

━━の欠片。


「んっんー」

 樹は窓から漏れた光で目が覚める。
 そして布団から体を起こし周りを見る。

「ここは?」

 周りにはゲーム機・・・・制服・・など色々な物が散らかっている。

 ん?ゲーム機?制服?いや、俺は異世界にいたよなあ?
 まさかーー

「夢落ちかーーーー!」

「うるさい!」

「え?」

 今、女性の声いや母さんの声?いやだって母さんは死んでしまったよなあ。あと、父が。

「早く降りてきなさい。学校に遅刻するよ!」

 え?学校?






「んー学校かー」

 そう言って腕を組みながら学校に行く・・・・・

 そう、そう学校なのだ。働いてゲームしていたと思ったら、異世界に行ってと思えば学校に行くことになる。
 あと、16歳位になった。

 色々考えていると後ろから背中を誰かに押された。

「なに考えてんだよ。早く行こうぜ。」

「なんだよ甲田こうた。」

 背中を叩いてきた奴は俺の友人の甲田。小学校の時からずっと友人だ。

 話していると何気に楽しい。

「色々あるんだよ。脳筋野郎。」

「はぁ!」

「じゃあ1+1=?」

「5?」

「はい脳筋。」

 うん。こいつ運動神経は凄い。オリンピック並みだと思う。だが頭が………うん。
 運動神経は凄いのだが脳筋すぎて野球でいえばほぼホームランくらいまで絶対に飛ぶ。
 だが、何故か反対側に走る。うん。脳筋。

「お前は分かるのかよ。」

「2だよ。」

「うっそだー」

 うん。馬鹿。

「おいおいおい。」

「うるさい。」

 こいつ放っておいて学校に行こう。




「おはよさくら!」

「樹、おはよー」

「おはよ、さくらさん。」

「俺は無視!」

 教室に入ると挨拶をしてくる女性は桜。この中学校で美女4天王の一人である。
 そんな桜とたわいのない話しをして(その間にも甲田を無視してます)席につく。
 そして先生の話しが始まる。

「今日は転校生がいます。入って、」

 で、教室に入ってきたのは髪が黒のショートヘアーの少女だった。

「伊藤 光です。よろしくお願いします。」

 流れるように綺麗な挨拶をする姿に男達は見とれてしまった。
 そしてこんな可愛い姿を見れば悪い感情が出てくるものが居る。
 ガラ(椅子が引きずる音)、と音が後ろから聞こえてくる。

「おめえ可愛いなあ♪どだ今からホテル行かないか?」

「……………」

 そんな風に先生の前で堂々と言う下品な男。東北とうほう 瑠璃るり
 彼はお父さんが会社の社長でしかもでっかい所の。
 そして学校は強い寄付をしてもらってるため強く言えないのだ。

「なんか言えよ!」

 あと、短気なのですぐに暴力を振るう。

 くっそ。いきなりかよ。

 暴力を振るおうとする所で皆目をつむる。無論俺も。
 すると、

「ぐは!」

 そんなおとこの声が。

 ん?男?

 恐る恐る前を見る。するとなんと瑠璃の方が投げ飛ばされていた。

 え?

 みんなが疑問に思って居るとやったとおもわれる本人は、

「あれ?やり過ぎたかな~~?」

 と微笑を掻いて苦笑いをしていた。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 当分こんな感じです。後1~3話くらいでこの話しは終わります。
 それにしても今フォローが76人。作者が泣いてます。ありがとうー!

 このまま100人行くぞ!

「異能ガチャと勇者逃亡生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く