話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異能ガチャと勇者逃亡生活

バーニー

フェン救出作戦(誘拐)中編


「さて、まず脱獄しますか。」

 そう言って樹は右手を構える。

   スキル溜め技
 よしスキル使える!

 右手に力を溜めていく。

 1、2、3

 今だ!
右手を大きく鉄格子を殴る。 

「はっ!」

 ドン!

 鉄格子はいきおいよく壊れていった。

「よし調整まだだけど今回はよかった。」

 これで脱獄成功。
 あとは、

「フェン救いに行くだけだ!」

 そう言いながら牢獄を出た。

…………そこには鉄格子の破片が目の前の牢獄に刺さった姿があった。
 もしそこに人がいたら…………
 考えるのをやめよう。



 だた溜め技は他のスキルが出たら封印しようとと誓った。

━━━━━
━━━━
━━━
━━

「さて、牢獄を出たが人があまりにもいない。少しだが音も立てた。なぜ兵が来ない?」

 あれから数分歩き回ったりしたが捕まってる奴らがいない、と言うか溜め技で多少でた音があったというのに兵が来ないのだ。

「何か推測をって言ってもこの世界の情報が少ない。」

 うー手ずまりか、クソー。

【お困りかな樹君】

 うを!びっくりしたー。いきなり喋り出すなよ。
、てか居たのかよ。

【まあね。樹が捕まった時点で不可視になってたから。】

 なんて便利な!

「無駄に高性能だな?じゃあお前をつけたら俺も透明に……」

【なれないよ】

「チッ!このダメ仮面!」

【ひど!】

 何となく仮面が驚いたような顔をした気がする。
 なんなんだよこの仮面。

「まあいいや。何かできることないダメ仮面。」

【扱いが酷いなぁ。でも確かフェンだったっけ?その子ならどこに居るか知ってるよ。】

「マジか!教えてください!仮面様!」

【手のひら返し!はぁ疲れた。ここから4つ上の部屋で一番端っこの部屋。そこがフェンと言う少女の部屋だよ。】

なぜ仮面が疲れるんだよ、と思ったがひとまず

「ありがとう。」

お礼を言いフェンの部屋へ行った。

━━━━━
━━━━
━━━
━━


「フェン、君を攫いにきた。」









This is???? ⇦樹視点じゃないです。いつかてできます。 

「やっときたんだね。」

 そう言って少女の表情は懐かしそうな悲しそうな表情を浮かべる。

「懐かしいよ。君といた日々を今でも思い出す。もう何百年も前なのにね。まあ君からしたら数年くらいしかたってないんだけどね。でも」

そこから少女の表情が険しくなる。

「だからこそ、もうあんなを繰り返さない。もう君があんなに苦しむ姿を見たくない。」

そこから少女はまた表情を綻ぶ。

「君は優しいな。それが君の本質なんだよね。
がんばれ♪」




 

「異能ガチャと勇者逃亡生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く