話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異能ガチャと勇者逃亡生活

バーニー

さあ出勤だ……あれ?ここどこ?


「うああぁぁぁぁ」

 周囲に悲鳴が響いた。その悲鳴は恐怖に支配されているようだった。

 今の光景はなんだ、なんなんだ、ここはどこだ。
そして素早く周囲を見渡す。

「草原……か?」

 やっと落ち着いていき、だんだん意識がはっきりしていく。

「じゃあさっきのは夢だったのか。」

 ホッと胸を撫で下ろし出勤の準備をしようと一歩踏み出そうと……

 ん?草原……え~!

 いやいやいや、何でだよ、昨日ベッドで寝たよなあ?
落ち着いて自分、まだボケる年じゃない! 
 俺は中山樹(なかやまいつき) 25歳 サラリーマン 彼女は……
まあ覚えてたボケてないよな!
よし、昨日の寝る前を思い出してみよう。
確か……
___________
________
______


「何でだよ」

 今樹は、オンラインゲームをしていた。
最近発売された最新ゲーム。
チーターがほぼ居ないと高評価なのだが…
 なのに、何故が10回中7回という高確率でチーターに会うのだ。
今の言葉も理解出来るだろう。

「何でこんなにチーターが……他の人は全く居ないってマジすごいってレビューで書いてあるのに……はぁ」

 それから、1時間30分もやったのだが、一向にチーターが居なくなる気配がない、

「はぁ、もう寝るか、何気に2時だし」

そしてベッドで寝たんだった。
__________
_______
___

「やっぱりベッドで寝たんじゃねえか。」

 まあ、そうだよな。やっぱベッドで寝てんだよな。
じゃあなんで草原?
寝相が悪かったか?
 いや、俺の家の近くには草原はなかった。
誘拐もないだろう。こんな所に置いてくなんて、するはずないじゃん。
なら………転移?
異世界転移的な感じ!
 でも、
 なんで俺?
 なんで?
 なんでなんでなんでなんで
 うん、分からん!
 よし、

「まずは、人を探そう!」

 そして一歩踏み出して

「第一村人発見だ!」

 こうして中山樹(なかやまいつき)のはっちゃかめっちゃかの旅が、始まった。

「異能ガチャと勇者逃亡生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー208274

    さあ出勤だ 俺これ好きだわ

    2
コメントを書く