話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

二度目の異世界、彼はどう生きる

決闘

昨日の夜に寝ようとしたら宿屋の人が部屋に来て“明日の朝ギルドに来てくれ”とギルド職員の方から言われたと、伝言があったので伝えに来たと言われた


今は大通りを歩いてギルドに向かっている、何故呼ばれたのか考えながら歩いている

「心当たりがあるとすれば昨日のオーク戦しかねぇな、まぁ行ってみたら分かるよな」





ギルドの扉を開けいつもの受付嬢の所に行った

「あっ、ユーマさん」

「おはようございます、呼び出しって何かしました?」

「おはようございます、呼び出しはあちらの方ですね」

受付嬢が酒場になってる方に見ながら手を出して言う
酒場の方に座っていたのは昨日のイケメン君と美少女3人だった
あとなんか喧嘩してる

「えぇ、なんであいつらに呼び出されたんですか?」

「えっと、あのパーティーのリーダーのアレスさんです」

アレス良い名前しやがって
こう言うのは心に閉まってアレスの所に行こうとしたら

「君か?」

「ん?」

後ろを振り返るとアレスと美少女3人が立っていた

「よくも、僕たちの獲物オークを奪ってくれたなっ!!」

「・・・は?」

「聞こえなかったのか?所詮Cランクの分際で僕の獲物オークを取るなと言っているんだ」

彼はこんなことを言っているが後ろの三人は気まずそうにしている、それにギルド内の雰囲気が重くなってきたので謝ることにする

「それはすまなかった」

「そんな言葉だけだと!?」

「じゃあ他になにが有りますか?」

「僕の奴隷になれ」

「嫌だよ」

「僕は伯爵家の人間だぞ!?」

「なら決闘をしよう、そして勝った方が負けた奴の持っている物を貰えることにしないか?」

「わかった、じゃあ僕が勝ったら君自身を貰おう」

「おーけー、なら俺が勝ったらお前の仲間を貰う」

「ふん、勝てる物ならな」

そのあとすぐにいつもの受付嬢が来て決闘場に連れて行かれた、何故こんなに用意周到なのか聞くとなんどかこう言うのがあったらしから、予想して行動していたらしい この話を聞いて俺とアレスが話し始めた時に受付嬢がギルドの奥に行った理由がわかった





決闘場、地球で言うとコロッセオと言える場所に来た

決闘場で二人が、対峙する

「来いよ、親の七光り」

「ぼ、僕はBランクなんだぞ!!」

「決闘者、、両者共に準備はよろしいですね?」

「あぁ」

「いけるに決まっている」

「では、始めてください」

受付嬢のかけ声と共に決闘が始まる
観客は美少女3人とギルド職員数名だ

「手の内は明かしたくないが、お前が相手なら関係ない」

「何をごちゃごちゃ言っているんだぁ」

アレスは身体強化を使いこちらに近づいてくる

「俺の力に応じろ!! 『アトラス』」

俺の体から光の小さな粒がいくつも出てくる

「所詮その程度ぉ」

「第1形態 スクエア」

小さな粒が俺の目の前に集まり大きな四角の半透明な壁を作る

「な、なにっ」

アレスが振り下ろした剣をいとも簡単に弾かれる

「第2形態 オートマチック」

バリア状になるときに余った光の粒はいくつかと合体するとそのまま移動しつつアレスに向けて魔法弾、通称魔弾を撃ち込んでいく

「くっ、卑怯だぞ」

「何が卑怯だよ、第3形態 ソード」

バリア状態を解除して出てきた光の粒は俺の右手に集まり剣が生成される、左手を前に出し握りつぶすような動作をする、するとアレスの足を的確に魔弾が撃ち抜く

「ぐぁっ、ど、どうして交わせていたのに」

「わざとだよ、あえてお前に当ててなかったのさ」

「貴様ぁぁぁぁぁ」

「黙れ、移動ステップ」

移動ステップで距離を詰め生成していた光の剣をアレスの首元に突き付ける

「ぐっ…」

「負けと、言って貰いたい」

「僕は、まだ負けてnぐはっ」

 アレスの右肩を魔弾が突き抜ける

「負けと言え」

「ぐっ…ま、負けだ」

「勝者、ユーマさん」

「ふぅ、疲れた帰ろ」







~宿屋にて~

「アトラス使うと楽だけどそれに頼りすぎるのもなぁ」

今は今日使ったアトラスについて今後どう使うあうか考えている

「やっぱり、強敵相手の時だろうなぁ、まぁ基本的には必殺技てきな役割でいくか」

「よし。寝よう」

アトラスの使い方を考えた、そして、寝た明日面倒くさい事が有るとも知らずに

「二度目の異世界、彼はどう生きる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く