神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった

おねむねむねむのきょう

大会編 二章 大会予選19

お久しぶりです。



 黒龍の影
これは秘術の1つである。
まず、秘術とはいわゆる必殺技、奥の手、奥義、と言う奴だ。
誰にでも少しの才と鍛錬をすれば会得できるが、ちょっとやそっとでは扱えず、持てても1つ程度の正しく究極奥義だ。
黒龍の影はその1つでその名の通り、黒龍の影が現れる。
ただし、実態は無く、物理攻撃がほとんど効かないが物理攻撃も全く出来ない。
しかし、龍独自の魔法が使え、弱点をカバーできる程の力を持つ。
勿論、本物には劣るがこれ一体で小さな軍を屠る事は容易いだろう。

俺の影がどんどんと膨らみ、ドラゴンの形を成していき、やがて立体になり本物の黒龍になった。
「黒龍の影!?何だそりゃ!」
カルラが悲鳴に似た叫びを上げる。
「行け」
影に指示を与えるとその指示に従い影はカルラに向かって飛んでいく。
それを警戒してかカルラは何やら詠唱を始めている。
「〈流星〉+〈破滅〉=〈天滅破砲〉」
天滅破砲?
流石に意味が分からん。
まず、何だ天滅って?しかも破砲とか…誰だよこれ考えたの。
流石に厨二すぎるだろ。
しかし、そんな余裕を持てたのも束の間だった。
直後、天滅破砲の認識ははダサい厨二ネームからヤバい技へと変わった。
影が強い警戒心を剥き出しにして、見極める様にカルラを睨んでいたからだ。
「くらえ!天滅破砲!」
カルラの叫びと共にいくつもの細い光の線が空から屋根を破り影へと降り注いだ。
流石にコレはヤバい。
「相殺しろ!黒龍の吐息!」
俺の指示と同時に影は雄叫びを上げ、口から黒い息を吐き出す。
それは薄く広がり、天滅破砲を包み込んだ。
直後、けたたましい轟音が鳴り響き、視界が光で埋め尽くされた。
それに遅れて立ってもいられないほどの強風が吹き荒れた。
「くっ!ぐうぁぁ!」
「何が起こってんだ?」
誰かの叫び声が響きわたる。
こちらも必死に踏ん張るが、流石にキツい。
そんな中、落ち着いた声が聞こえた。
「まさか、ここまで強い魔法が使えるとは思いませんでしたよ。私も久しく焦りました」
すると、光は段々と収まり、強風も掻き消えた。
そして、視界が戻ると会場の中心にウェンデルが悠然と立っていた。

「神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー228494

    熱いバトルに燃えたのですが、よく考えたら6歳と8歳のバトルで絵面がとてもシュール

    0
  • パラミナス国王陛下

    読みやすいけど、なんか読みにくい。

    0
コメントを書く