神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった

おねむねむねむのきょう

大会編 二章 大会予選16

真実の精霊。
その名の通り真実を見抜く光の精霊である。
彼女の前では神でさえも隠し事ができないと言われており、呼び出した者の一部に宿り本来の力を使う事ができると言われている。

流石に上級精霊を呼び出したのはキツかったのか若干呼吸が荒くなっている。
「で?今回は私にどうしろって?」
それを無視してフレアにそう尋ねる。
「私の目に宿って幻術を見破って欲しいの」
ふぅ〜ん。と唸りながら少し考え事をしている様子だ。
「それはいいけどフレア。気付いてる?」
「何が?」
「やっぱりいいわ。何でもない、それより戦いに集中しよう」
フレアに伝える必要はない。独断でそう決める。
それに彼女にとってそれは些細な問題であった。
この会場内に魔族が混じっている事など。
「うん。そうだね」
フレアはそう言うと同時に再び戦いに意識を向けた。
対戦相手のガークスは精霊を警戒しているようで攻撃をしてこない。
数秒間沈黙が続く。
そして始めに口を開いたのは真実の精霊であった。
「それじゃ、始めようか」
フレアに精霊の力が流れ込んでくる。
頑張ってそれを制御すると段々と能力が発揮されてきた。
「上手くいった?」
真実の精霊が気になった様に尋ねる。
「勿論、完璧だよ。なんたってあなたがやったんだだもの」
「ありがとう」
「それじゃいくよ
 精霊魔法 火と風の演舞」
すると火の精霊と風の精霊がガークス目掛けて飛んで行った。
2つの精霊はガークスの周りをグルグルと飛び回り炎の渦を作り出した。
勿論、死なない様になっているがくらえばかなりの傷になり少なくとも勝ちは確定する。
「くっ、精霊魔法か!」
「よし!」
上手く事が運びフレアが思わずガッツポーズをとる。
しかし、喜ぶのもつかの間直ぐに冷静になり真実の精霊の能力で幻術か確かめる。
そこでガークスがニヤリと笑い呟いた。
「だが、甘いな」
次の瞬間、炎に包まれていたガークスがぼんやりと消えていった。
「幻術!」
完全に姿が消えたと同時に確認のため精霊魔法を中止する。
魔法が発動された後には何も残っておらず
「油断してたな。残念だが今のは幻術だ。あまり傷付けたく無い、大人しく降参してほしい」
気がつくと背後にはガークスが立って居た。
腰に下げていた短剣をいつの間にか抜いて背中に当ている。
服越しにも、刃の感覚がこれを本物だと告げている。
しかし、フレアはこれに対して落ち着いた様子だった。
そして、相手がまだ傷付ける気は無いと判断して唱える。
「精霊魔法 水龍」
直後、ヒラヒラと漂うだけだった水の精霊が水を纏い龍の形をした化け物になった。
降参すると思っていのかガークスはギョッとした様子で驚いていた。
「くっ!」
ガークスは一歩後ずさりチラッと水龍の方を見た。
しかし、先程まで確かに居たはずの水龍が居ないのだ。
そこでガークスはある考えに辿り着く。
「っ!?まさか…幻術!」
「そのまさかよ。身体強化」
直後ガークスが天井まで吹き飛んだ。
しかし天井には当たらなかった。
先程と同様にぼんやりと霞み消えたのだ。
「それも幻だがな」
「ぐっ!」
フレアの背中に激痛が走った。
あまりの痛さに思わず膝をつく。
すると、今まで何も無かった所からガークスが現れ、こちらに歩いてくる。
「どうだ、俺の幻術は?」
不気味に笑い、フレアの腹に躊躇無く蹴りを入れる。
「痛くて立てないだろ?降参しろよ」
先程までとは全く別の表情を見せるガークスにフレアは恐怖を覚える。
「あー、腹が立つ。何でお前が完全模倣師フルマスターとか言われ、持てはやされるんだ。まぁ、これで終わりか。せいぜい無様に負けてくれよ」
完全にフレアを見下し余裕そうに短剣を首元に押し付けた。
しかし、フレアは諦めず何か打開策はないかと必死に思考する。
それを諦めさせる様にガークスが言葉を付け加える。
「言っておくが周りの奴らは幻術で俺達が激戦を繰り広げてる様に見えてるぜ。だからここで俺が何をしようとバレる事なは無い」
「ぐっ!」
それを証明するように更にフレアに蹴りを入れる。
それを理解してしまった。
フレアは試合に勝つことを諦めたのか無気力にぐったりと倒れた。
「諦めたか。もうちょっと粘るかと思ってたんだが…」
直後ガークスは声を上げる暇なく吹き飛んだ。
  ドカンッッ!
轟音と共に壁に穴が開いた。
「誰が諦めたって?」
フレアはそっと立ち上がりニッコリと微笑んだ。
「な、何が起こったんだ?幻術?でも、吹き飛んで…」
訳が分からない様子で狼狽えていた。
「何、簡単な事よ。精霊魔法を使って吹き飛ばしたのよ。水龍、あれ幻術だったでしょ?でも、水の精霊は本当に呼び出してたの。それを使っただけ」
「そんな、馬鹿な」





お久しぶり、作者です。
投稿遅れてすみません。
忙しかったというより本当に気が乗らなかったんです。
本当にすみません。
そしと、次回はフレアとガークスの決着になります。
という事で、今回もお読みいただきありがとうございます。

「神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く