神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった

おねむねむねむのきょう

大会編 二章 召喚術を使おう3

今回はルビが多くなりました。
それだけです。




「うわぁ!」
突如襲い掛かってきた赤竜ワイバーンから後ろに跳んで距離をとる。
「いや話し合おうよ」
「黙れ!身分の違いもわからぬ輩に話す事などない!」
「えー」
俺の言葉には聞く耳を持たず赤竜ワイバーンは羽を広げ、飛び上がった。
「死ね」
酷く冷たい目で睨み、一言呟くと赤竜ワイバーンはこちらに勢いよく飛んできた。
しかしそれを俺は華麗なステップで回避してしまう。
「力任せじゃ攻撃は当たらないと思うがな…」
何気なく呟いたのだが竜種は耳がいいらしく、物凄い形相でこちらを睨んできていた。
周りから見たら獅子竜種子供の戦いに見えるだろうが実際はエイトワイバーンでも言い表せない程の力の差がある。
しかしそんな事はいざ知らず赤竜ワイバーンは再び力任せに飛び込んできた。
ただし、竜種も学習しない種族ではない。
今度は体に炎を纏わせていた。
いや、纏わせたところで熱が加わって範囲が数センチ増えるだけだと思うのだが。
今回もさっきと同じように華麗なステップでかわす。
ブゥォォォォォォォォォォ
完全に避けたと思っていたが何故か炎が服についている。
「仕方ない。ウォーター」
炎を消そうと下級魔法のウォーターをかける。
「【炎の矢フレイムアロー】+【速さスピード】=【業火の矢】。さらに認識誘導ミスディレクション
1メートルはあろう炎が纏われた矢が現れる。
「行け」
その一言を理解したかの様に矢は纏っている炎をゴウッとさらに激しく燃やし、赤竜ワイバーン目掛けて飛んで行った。
単体での炎の矢フレイムアローであれば弾き返されるか避けられるかされていたであろう。
しかしそこで役立つのが速さスピードだ。名前の通り物の移動速度を格段に上げるのだ。
「ふん、この程度で我に当てようなどとよく思えたな」
やや呆れたような目で炎の矢フレイムアローを食った。
ん?食った!?
思わず驚いてしまうがもうこの時点で俺の勝ちは決まっている。
理由は俺がコイツワイバーンの足元にいるからだ。
「とぉりゃぁぁぁ」
「何!」
口をあんぐりと開けて赤竜ワイバーンは俺に殴られた。
どっかーん
殴れた勢いで赤竜ワイバーンは飛ばされた。






どうも、作者です。
今回は少し長めの戦闘になりました。
普段はあまりにも戦闘時の描写が下手なので一発くらいで終わらせていたのですがそれ今回は流石に少し長めにしました。
そして一度この作品自体を読み直して見たのですが。
うん、話が進まない。と思いました。
そして、今回もお読みいただきありがとうございます。

「神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • samyon

    もうちょっと1ページの長さが多い方が読み応えがあると思います
    更新されるのが楽しみです!

    1
  • 咲

    続きが気になります。
    はよ(ノシ 'ω')ノシ バンバン

    0
コメントを書く