神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった

おねむねむねむのきょう

大会編 二章 大会予選2

「さて、ではルールを説明しましょう」
突然の登場に驚きを隠せない参加者達。
その中で5人だけ顔色ひとつ変えずウェンデルを眺めている者がいた。
その中の1人の背の低い金髪少年が手を挙げ発言した。
「で、あんなに派手な登場しといて簡単に説明に入るんだな」
余裕の表情を浮かべている少年の茶色い瞳からは見るだけで分かるほどの力強さが出ていた。
その少年を見るとにウェンデルは少し困った様子を見せた。
「具体的にはどの様なのを御所望で?」
ウェンデルの返しに顔を歪ませた、少年はそこまで考えてはいなかったのか口を閉じた。
少年が口を閉じたのを閉じたのを見ると顔を前に戻し、説明を続けた。
「予選のルールは簡単。今からくじ引きをしてもらいA〜Dブロックに分かれてトーナメント戦をしてもらいます。そこで優勝した者だけが本戦に出場することができるのです」
トーナメント戦か。
出来ればレッグ達とは当たりたくないな。
そう思いつつレッグ達を目で探す。
しかし、レッグの姿は見当たらなかった。
「どこに行ったんだ?」

「それでは呼ばれた人から順番にこちらに来てくじ引きをして下さい。まずはシュガーさん」
シュガーと呼ばれて出て来たのは先程の少年だった。
ばつが悪そうな表情をしたシュガーはさっさとくじ引きをして戻っていく。
それから次々と名前が出され、くじ引きは終了した。
ちなみに俺はAブロックだった。
「エイト何ブロックだった?」
何処からともなく現れたカルラに内心驚きつつAブロックだと伝える。
「嘘!私もAブロックだったんだけど。ついでにこいつも」
ついでと言ってグリッグを指差す。
「ついでとは何だ!大体いつもお前は俺にタメ口で物を言う!」
また2人の喧嘩が始まる。
今回はフレアが居ないから俺が喧嘩を止める。
「はい。皆さん引きましたね。まずはブロックごとに部屋に分かれますのでAブロックの方はこのままの部屋。
Bブロックはこの部屋の前にある部屋。Cブロックは…」
ウェンデルに言われ他のブロックの人達は部屋を出る。
「レッグとフレアは他のブロックか」
俺の呟きにグリッグは首を傾げた。
「レッグとは一緒じゃなかったのか?」
それに俺も首を傾げた。






どうも、作者です。
今回はあまり進みませんでしたが次回は予選が始まりエイトの最強ぶりがでます。
楽しみにしといて下さい。
今回もお読みいただきありがとうございます。

「神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く