神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった

おねむねむねむのきょう

魔法学園編 一章 決闘10

試合開始の合図と共に俺とレグルスは動き出した。
レグルスの動きは思った以上に早く、あっと言う間に俺とレグルスの剣が交わった。
やはり木剣だと直ぐに折れてしまいそうだ。
手に力を込め、そのまま右足でレグルスの足を引っ掛ける。
バランスを崩したレグルスは後ろに倒れるのを何とか堪え、俺の剣を押し返した。
「隙あり!」
今かがチャンスとばかりにレグルスは体制を直し左手で俺の腹に一発ぶち込んだ。
「ぐっ!」
唸り声が出るほどのパンチに俺は吹き飛ばされた。
俺を生徒達は慌ててかわした。
「先生これは私の勝ちですな」
フゥーと息を吐きレグルスは体の力を少し抜いた。
「隙あり!」
体育館中に俺の声が響き渡った。
バキッ
レグルスの持っていた剣が突如折れた。
「あいつ何かしたのか!」
誰かの声に生徒達は俺がぶつかったことにより壊れた壁を見た。
「魔法を使ったのか?」
「でも詠唱して無かったぞ」
「誰かが乱入したのか?」
「隙あり!て叫んだのはあいつだったぞ」
俺の演技に騙されている生徒達は混乱した様子でレグルスを見る。
そこにいたのは倒れたレグルスと立っていた俺だった。
「勝ちかな?」
俺はにっこり笑い、シルフィ先生を見る。
「勝者、エイト」
シルフィ先生は顔色ひとつ変えず、俺の勝利を告げる。
それに対して生徒達のざわめきは収まる様子はない。
「そういえば、これ勝利したら何があるの?」
「決闘は相手に可能な限りで1つ強要できる」
誰かの声が体育館に響き、生徒達は押し黙った。
その理由は物凄い殺気にあった。
 学園長
瞬時にその結果にいたり、声がした方を向く。
「さて、これはターナ君代理のエイト君とガタール君代理のレグルス先生。エイト君どうする?」
漠然とした問い掛けに俺は一瞬唖然とする。
直ぐに理解し、意見を述べる。
「この場合、決定権はターナにあると思う。だからターナ、君がどうしたいかだ」
ターナはおずおずと前に出てくる。
その弱々しい姿に他の生徒達は見惚れたように呆気らかんとしている。
「誰だよあんな可愛い子に手を出した奴」
「ガタールだってよ。あいつ貴族だからって自慢してたからな」
「本当にガタールって最悪だよなぁ」
「それにしてもターナって子可愛い過ぎるだろ」
「それな」
下心丸出しの会話に俺は思わずため息を吐く。
「わ、私はガタール君、には、反省してほしくて、だから、その」
ターナの震えた様子に生徒達からガタールに対する不満の声が出た。
「やっぱりお前何かしたのか!」
ガタールへの不満が爆発した生徒達は観客に混じるガタールを指差し、声を上げた。
「ち、ちがうんだ。俺は」
尻もちをつき、言い訳をするが生徒達からの視線は厳しくなる一方。
ガタール顔を真っ青にし、立ち上がった。
「俺は悪く無いんだ!」
とうとう耐えられなくなったガタールはそう言い残し走ってその場を立ち去った。






どうも、作者です。
ついに一章終わりました。
次回からは大会編を始めようと思います。
言いたいことは色々ありますが、本当にお読みいただきありがとうございます。
今後ともこの作品をよろしくお願い申し上げます。

「神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く