神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった

おねむねむねむのきょう

魔法学園編 一章 決闘7

「で、本当のところはどうなんですか?」
 クルス先生がターナを厳しく問い詰める。
「だから、その、あ、あの人がプ、プロポーズしてきて、だから」
厳しい問い詰めにターナは困った様な表情を見せる。
ガタールは先程から被害者を演じ、罰を受けるどころか慰められてすらいる。
「それならなんでガタール君が殴られているのですか?しかも初対面の人にプロポーズするなどあり得ませんよ。もう少し立場を考えたらいかがですか?」
クルス先生の言葉には加害者としての立場だけでなく、奴隷という立場も含まれているのだろう。
「先生。ターナは悪く有りません」
右手を上げ、ターナの無罪を主張する。
「あなたは?」
「1年A組のエイトです。ターナの主人です」
淡々と自己紹介を行う。
ふん、と鼻を鳴らしたクルス先生は俺をジッと睨み、再びターナに視線を向ける。
「アレがあなたの主人ですか?」
クルス先生の質問に静かに頷く。
「まさか貧民・・の奴隷の主人が平民だなんて、この学園も落ちたものですね」
教師とは思えない程の差別的発言にクルス先生の胸ぐらを掴みそうになるが、ターナが慌てて止める。
軽く呼吸を整え、クルス先生を本気で睨む。
それなりの威圧が有るのだろう、ゾッとした表情を見せると首を横に振りターナを睨む。
「とにかく今回は貴方達が悪いのです。正しく罰を受けなさい!」
焦った様に言い放ち、それに完全にキレてしまった俺の右手がクルス先生の首を掴もうとする。
「待てい!」
突如背後から老人の声が聞こえた。
反射的に手を止め、振り返る。
「クルス。その少女が悪いと決めつけてはならんぞ」
そう言うのは白い髭を生やしたおじいさん。
優しそうな顔とは裏腹に物凄い殺気を放っている。何者だ?
「が、学園長」
学園長!
確かにそれっぽいが殺気プンプンじゃないか。
「すまないね。こうしないと威厳が無くなってしまうのでね」
俺の心境を察知したのか頭を掻きながら謝る。
髪は無いがな。
「確かに殺気が無かったら優しいお爺さんにしか見えないな」
学園長はハハハと笑い辺りを見渡す。
「よく言われはしないけど重々承知だよ」
「それで、どうするんだ?」
学園長の言葉に一つ一つ冷静に対応する。
今の未熟な俺では敵に回しても勝てる気はしない。
「何、簡単な事だ決闘で決めればいいのだよ」
決闘か。
そんな事で決めていいものか分からないが、とりあえず誰と?と返しておく。
「クルス先生は頭はいいが戦闘はからっきしだし。ガタール君じゃ結果は見えてるしな」
ムゥ〜と声を出し考え込む学園長。
そこにタイミング良くレグルス先生がやってきた。
学園長は何かを閃いた様な顔をする。
あ、先読めたわ
「そうだ!レグルス君。君、この子と本気を出して決闘してみない?」
やっぱり






どうも、作者です。
いつになったら決闘するんだ!って話ですよね。
次の次くらいに決闘します。
あれ?前にもそんな事を言った様な気が…
まあ、気のせいでしょう。
それとしばらく更新しないとか言っていましたが結局数日で書いてしまいました。
今回もお読みいただきありがとうございます。

「神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く