神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった

おねむねむねむのきょう

魔法学園編 一章 決闘3

 そこからダンさんは何処からか取り出した魔道具で誰かと通信した後少女の具合を確認した。
「怪我も無し、具合も大丈夫そうだな」
 一安心したようでホッとした様子になる。
 後はダンさんに任せようと交番から出ようとするが「待ってくれ」とダンさんに呼び止められる。
「何ですか?」
 めんどくさそうに振り返る。
 実際めんどくさい。
 ダンさんはメモとペンを両手に持ちつつ手を合わせ申し訳なさそうな顔をする。
「すぐ終わるから。君の名前の再確認と住所を教えてくれるかな?」
「名前はエイト、住所は魔法学園の男子寮。これでいいか?」
 メモにスラスラと書くダンさんを見終えると今度こそ帰ることに成功した。
 その日は後には特に何も無く終わった。

 翌日
 今日もまた授業が暇な学校に行く。
 しかし今日のシルフィ先生はやけにおとなしかった。
 例えば遅刻した生徒の校庭周回数を50に減らしたり、いつもの宿題を倍にするという脅しじみた指示を1.8倍に減らしたりなど。
 三時間目の休み時間中にその理由をグリッグが話してくれた。
「実は今日の朝学園長の部屋にシルフィ先生が呼ばれてたんだ。気になってついて尾行してみたら学園長に厳しすぎだって怒られてたんだ。それでもやめないと言い張ったシルフィ先生に学園長は呆れてこう条件を出したんだ。『再び苦情が来たら魔法学園ここの教師を辞めてもらう』ってな。」
 それを聞いたフレア達は学園長に対して少し引いていた。正直俺も引いているが。
「まだ続きはあるぜ。シルフィ先生が行った後学園長にそのことに対して聞いてみたら冗談だって笑い飛ばされたんだよ。で、何でシルフィ先生が厳しいか、わかったとも聞いたが苦情が来たらしい。この学園始まって以来の速さらしい。苦情の犯人は俺だけどな。ハハハハハ」
 グリッグは笑っているが簡単に笑える話でも無い。
 脅迫になり得るかもしれないがシルフィ先生も冗談だと気付いている様子だった。素直に聞いている理由は不明だが学園長が理由だろう。
 しかし笑えない話なのにはもう一つ理由がある。
 それはグリッグの後ろに立つ人物が原因だ。
 目を光らせ、全く明るくもない笑顔を浮かべているシルフィ先生だった。
「お前だったのか。」
 今更シルフィ先生に気づき言い訳を始めるがもう遅かった。
 グリッグは数日間中野生のライオンのような目をしたシルフィ先生にあらゆる場面で厳しく指導されるのだった。
2日後の決闘の日も・・・






今回の決闘要素、最後の一文くらいでしたね。
今回もお読みいただきありがとうございます。

「神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ヒロク

    指示を1.8倍に減らすというのは違和感が…

    0
  • おねむねむねむのきょう

    教えていただきありがとうございます。

    1
  • 鸞

    厳しくしどいされるのだったって
    しどいされるじゃなくて指導される
    じゃないんですか?
    自分が間違ってたらごめんなさい。

    2
コメントを書く