神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった

おねむねむねむのきょう

魔法学園編 一章 決闘

 緊迫した体育館には俺と体育の教師、レグルスが向かい合い、剣を構える。
「行くぜ」
 レグルスは静かに頷き真剣を構える。
 それに対し、俺は木剣、シルフィ先生の合図を待つ。
「始め!」
 俺は飛び出した。

  数日前・・・

 俺は普通の学園生活を過ごしていた。
「次は何の授業?」
「算数ですね。」
 何十回に及ぶ土下座の末に弟子にしてもらったレッグ。
 レッグは実は相当な優等生でスポーツから魔術、剣術、勉強までなんでもできてしまう。
「算数か、レッグは次のテスト大丈夫そう?」
 自信満々に勿論と答えるレッグ。さすがは優等生。
 この学園のテストは非常に簡単だ。ただし歴史に関しては別だ。歴史は異様に難しい。
 この世界には人族、魔族、妖精族、獣人族などがいる。主に今の四種族が数が多い。
 5年前まで人族と魔族が戦争をしていた。今はまだ休戦状態だが、あと数年後には戦争が始まると言われている。
  まあ、今の俺は6歳。数年後でもまだ子供。実力はそこそこあるから自分の身は守れるだろう。と予測している。
 話が逸れてしまったが歴史のテストは本当に難しい。この世界合計58000年を8年で学ぶのだ。内容が多くなるのは仕方がない。
 平均点は34.2だ。
 何度見ても低いと感じてしまう。

 放課後・・・
 
 俺は王都の街を歩いていた。
 生まれ故郷のアデンも大きいと感じていたがここは何倍も広い。
「キャー」
 狭い裏路地から誰かの悲鳴が聞こえる。
 しかし周りの人は何も反応しない。
 そんな人達をかいくぐり悲鳴が聞こえた裏路地まで全力で走る。
 暗く狭い路地には小さな少女とそれを取り囲むように立つ3人の人影。
 そっと身を潜め話を聞く。
「おいおい。何とか言ってみろよ。それとも俺といいことするか?き、き、キスとか?」
「キスかよ。もっと売り飛ばすとかあるだろ」
  まじでキスかよ。
 どんだけ非リアなんだあいつ。
 どうやら少女が男3人に連れ去られそうになっているのか。まぁあ、助けるか。
 バレない程度の溜息を吐き男達に近寄る。
「必殺奥義その14!完璧な膝カックンパーフェクトひざカックン
 かっこよく膝カックンをくらわせ男は倒れる。
「何!ガ、ガキがなめんじゃねぇ!」
 素早い反応を見せ、俺に殴ろうとした男は俺のことデコピンで気絶した。







今回はキリが悪いですね。
次回はキリを良くしようと思います・・・・

「神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    パーフェクト膝カックン…一見カッコいいようにも思えるが文字を見れば一瞬で分かる…『ダサい技だッ!』と…
    いやまあ目で見たらかっこよさそうですけどねw

    1
  • ノベルバユーザー239457

    究極奥義膝カックンw

    2
  • おねむねむねむのきょう

    私の実力不足ですみません。
    言い訳は見苦しいようですがあまり私にはそう言う力がない為、不快に思えたり口だけのように思えるのかと思いますが、私もなるべく対応しているつもなりなのです。

    0
  • ノベルバユーザー208197

    思うだけって奴かな?

    3
  • おねむねむねむのきょう

    ありがとうございます。
    参考にさせていただきます。

    4
コメントをもっと見る / 書く