話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった

おねむねむねむのきょう

ギルドマスター3

今回は切りを良くするためにものすごく短いです。
ご了承ください。




気がつくと元の部屋に戻っていた。
「いやぁ〜まさかあそこまで強いとは夢にも思わなかったよ。完敗だよ。」
 カルテルはいつのまにかソファーに座っていた。
「ステータス見てたらわかるんじゃないんですか?」
 しかしそれを首を横に振り、否定する。
「私が見れるのは名前とレベルと適正と称号だけなんだよ。」
 ふぅ〜んと声を出しカルテルをじっと見つめる。
「あの戦いで僕が勝った時の条件、言ってなかったよね。あれ、僕をギルドに入れてってことで。」
 
  ズタズタズタ

 部屋の外からものすごい足音が聞こえてくる。
 それはだんだん近くなりこの部屋の前で止まると扉が開いた。
「エイト、ギルドマスターが完敗したとは本当か?」
 俺は父の方を向いてにっこり笑った。
「・・・・・」
 父はみるみると顔を青くするとそのまま気絶した。
 すぐに救急班が来て父を運んで行った。
 そんな父は無視して勝利条件の話を進める。
「ランクは1番下からでいいよ。」
「わかった。しかしHでいいのか?」
「勿論だ。」
 カルテルは深いため息をつくと何かを思い出したのか少し顔を明るくした。
「そうだ。君には王都の魔法学園に行くといい。入学試験の招待状は後でフォレストに渡しておくよ。」
 確か魔法学園は術を複数使える者が行く学校だったはずだ。しかも王都となると有名人を輩出した名門校ばかりじゃないか。
「ありがとうございます。」
「いやいや君のような優れた子を送り出すのが大人の仕事でもあるからね。」

 後日ギルドカードと招待状を渡された。
 ちなみに招待状で試験を受けれる学校は最強を何度も出した超名門だった。







次回からは学園編になります。

「神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    異世界もので一番好きなのは学園ッ!クアーッ!楽しみ!

    0
  • ノベルバユーザー146543

    お父さんはギルドマスターが完敗した事を誰から聞いたんだろ。
    戻ってきてそれほど時間は経ってるような表現はなく、戻ってきた直前に感じました……

    2
  • おねむねむねむのきょう

    ありがとうございます
    そう言ってくださると嬉しい限りです

    0
  • ✞КОИОНА✞

    急展開な気もするけどしっかり物語の構成が成り立っててわかりやすいです

    13
コメントを書く