神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった

おねむねむねむのきょう

ギルドマスター

 俺と父はお姉さんに連れられ、とある部屋に来ていた。
「ここがギルドマスターのお部屋です。」
 扉を開けるとそこにはソファーに腰をかけた老人と若い男が立っていた。
 「ようこそ我がギルドへ。」
 老人はそう言うと俺が手前のソファーに座るよう誘導した。
「突然お呼びしてすみませんな」
 老人の言葉に父は「いえいえ」と頭を横に振った。
「レグレ出て行きなさい」 
 レグレと言われた若い男は一礼すると部屋を後にした。
 老人は一度俯き咳をすると顔を上げ、先程までとは打って変わって鋭い目つきでこちらを見た。
 その時視界の右上に白い文字が現れた。

  ステータス検査を行われました。

 その文章の意味をすぐに理解する。
「趣味が悪いですよ。覗き見なんて。」
 父がいることを忘れ考えたまま言葉を出す。
 すると老人は眉を上げニヤリと笑った。
「お気づきになったのですか。」
 父は訳がわからずあたふたする。
「申し遅れました。我はここのギルドマスターのカルテルです。そしてフォレスト。少し二人で話をするので出て行ってください。」
 カルテルは父に帰るよう促す。
「しかし」
「大丈夫です。力を試すだけですから。」
 ギルドマスターに言われると反抗しにくいのか大人しく部屋を出る。
 「さて、ゆっくり話をしよう。その異名二つ名のことからね。」
 ゴクリと唾を飲み、笑顔で答える。
「話すも何もそのままの意味ですよ。それより俺が聞きたいのは術に関してです。」
「そうですか。ではお話しましょう。説明でいいのですね。」
「ああ。俺が読んでた本は地理とかばっかだったんだ。」




魔法術
体内にある魔素を使って物理法則を無視した力を使える。強い魔法ほど長い詠唱と多い魔素を必要とする。

魔術
魔法式を駆使する。体内にある魔素を使って発動する。短い詠唱で使う魔素は少ないが魔法式で威力が上がる。例えば〈ボルト〉+〈速さスピード〉=電光ライトニングと言うように組み合わせて戦うのが魔術。

精霊術
81体の内の一体の精霊から分け与えられた力を使う。これは主に一人一つ持っている。

精霊魔術
精霊と契約をしてその精霊自体が戦う、または力を借りて戦う。

(他の術は登場したときか、おまけや別のエピソードで書く予定です)




「一ついいかね?」
「なにですか?」
「私と戦ってくれないか?」
 俺はえええ!と声を上げた。







いつもと大して変わりませんでした。

「神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    ギルドマストゥああああああ戦うんかああああい

    0
  • ぐらふぁいと

    最後のギルドマスターのセリフが『くらないか』になっています。
    『くれないか』ではありませんか?

    3
コメントを書く