神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった

おねむねむねむのきょう

プロローグ

 俺はそこに立っていた。
 4.5畳くらいの小さな和室にポツリと立っている。
 特に入り口などはなく、静かだった。
 しかし今は、ここがどこかより大事なことがあった。すなわち自分が誰かということだ。
 自分の名前から誕生日、年齢、両親の顔まで何も分からなかった。
 そんな時、
「お目覚めですか?」
 と、上から女性の声がした。
 その声につられ顔を上げる。
 しかし天井にはおかしな所は見つからない。
「あ、今そっちに行きますからね。」
 すると天井の一部がパッと外れ、そこから女性が顔を覗かせていた。
 女性はそこから飛び降り、バッと音を立て、綺麗に着地する。
 その女性は水色の髪と瞳で一瞬、この○ばのアク○を思い出す。アク○だ。アク○より性格は良さそうだが。
「いきなりその名前を連呼しないでください。引っかかりますよ?」
 何に引っかかるんだよ。
「著作権ですよ。」
「地味に心読まないでくださいよ。女神様。」
 何気にその人物の職業を当てる。
 俺はこの程度で驚きはしないがな。
 ラノベでよくある展開だ。天井から出てくる女神は初めてだけど。
 「悪かったですね。」
 女神様は怒ったように横を向く。
 いや、怒ってるんだな。
「で、異世界に飛ばしてくれるんですか?」
「話が早くて助かります。特典として・・・」
 俺が興味なさそうに聞いていると女神は話をやめ、こちらに近寄る。
「なんだよ」
 女神はハッと我に返り一歩下がる。
「かわいそうに・・・」
 と、つぶやいて説明に戻った。
 何がかわいそうなんだ、と思いつつ女神の説明を聞く。
「特典として、そうですね。一からやり直せますよ。」
 はぁーと深いため息をつき俺は座り込む。
「不満ですか?」
「いやーふまんじゃないよー(棒)」
 すると女神はムキになり、次々と条件を出して行く。
「もちろん異世界ですよ。剣と魔法の世界ですし、言葉も理解できるようにしますよ。チート能力は無理ですけど娯楽系の物は持っていっていいですよ。」
 チート能力はくれないのかよ。
  まぁ、これでもか、というほど条件を出してくれたしいいか。
「じゃあ転送しますね。」
「その前に、一つ質問いいか?」
 女神はにっこり微笑み「はい」と返事をする。
「女神様、名前は?」
 数秒間、間をあけ女神は答えた。
「アルテア。神話には登場しない少ない神々の一人。あなたに加護がありますように。」
 友好関係はあんまり築けていなかったと思っていたがそうでもなかったらしい。
 次の瞬間俺は光に包まれた。

こうして俺は赤ちゃんから人生をやり直すのだった。





短くてすみません。次回も短いです。

「神様はチートはくれないけど元々俺のステータスはチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ルクウォーム

    何も覚えてないのにこのすばは覚えてるの?

    0
  • べりあすた

    この○ばのアク○みたいな性格だったら笑われてたな
    (ノ´∀`*)ぷーくすくす
    ってかんじに

    1
  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    チートくれない女神は早々いないw珍しいタイプですねw
    この〇ばのア〇ア…Oh..(∵)

    0
  • Kまる

    えーっとプークスクスクスだっけ?

    0
  • 木山 要 

    面白かったです次回も期待しています。

    0
コメントをもっと見る / 書く