話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

標識上のユートピア

玉子炒め

二十話

 外の空気は冷たく、ただれた顔には心地がよかった。左目で見る景色は明らかに夕方だった。
脳裏にある記憶が蘇る。岸本を殺したのも、今と同じくらいの時間帯だった。
夕焼けに同化するように、フェンスの前に誰かが佇んでいる。赤いパーカーが視界の片鱗に映った。あちらもおれに気付いているはずだが、アクションはなかった。気持ちが悪いくらいに大人しかった。
その傍らには、大きな水溜まりができていた。雨なんか降ってないはずなのに。 
「凛奈は?」 
 パーカーに尋ねる。そいつはおれに背を向けたまま、ある場所を指した。
貯水タンクだ。わざわざ前に回り込む必要はない。直接見なくても分かった。
限りなく黒に近い、チャコールグレーの影が、地面の中で佇立している。
影の主は貯水タンクにもたれかかっているらしかった。手足をだらりと放り出し、首は左に傾いている。肩からはフードが覗いていた。 
夕日に照らされ、地面は赤橙色に染まり、影との対比を生み出していた。
「凛奈?」 
 影を凝視したまま、呼び掛ける。返事はなかった。
自然とパーカー付近の水溜まりに視線が移った。それが水溜まりではなく、血だまりであることに気付く。あまりにも自然に地面に溶け込んでいたのだ。
ことん、と軽い音がした。自分の手から木刀が滑り落ちたのだ。 
「凛奈」 
 影はピクリとも動かなかった。
影越しにしか話せないなんて、あまりにも悲しい。直接凛奈の顔を見たい。貯水タンクの前に回り込もうと思ったが、強固に全身が動こうとしない。
パーカーが近くに来たが、逃げようという気にも、抵抗しようという気にもならなかった。
「違う」 
 パーカーが声を発したが、そんなことはどうでもよかった。
せっかく凛奈と再会できたのに、彼女の顔を直視できない。どうしてなのかよく分からなかった。
「違う」
 またパーカーが言った。おれにはもう、そこに隠されている感情を読み取ることはできなかった。
「凛奈」
「もういい」 
「凛奈」 
「止めてくれ」
「凛奈」 
「止めろ」  
 うるさい。凛奈に話しかけているのに、何でお前が返事をするんだ。
「……お前のせいだ」
 無視されたのが気に触ったらしく、パーカーの声色が変わった。
その手元が、鋭く光る。
おれは、少しだけ手を伸ばした。木製のものに触れ、それを強く握りしめる。

次の瞬間、おれとパーカーは、同時に互いを殺しにかかっていた。

「標識上のユートピア」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く