話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

標識上のユートピア

玉子炒め

十四話

 辛い。もう終わらせたい。
 

 
 
 脳が圧迫されて、ひどく息苦しい。身体を冷たいアスファルトに置いていたから、だけでは説明できないほど苦しい。アスファルトはどす黒かった。
地面での寝覚めは最悪だった。あの後、眠ってしまったのだ。おれ、柿市翼は素早く身体を起こした。
みんなの声が聞こえる。嘲笑っていた。
おれはもう何も言わなかった。
これから全てを喪うことも分かっていた。足元からどんどん崩れ落ちて、最期は自分自身が陽炎のように揺らいで消えるのだ。今さら動揺するほどのことでもない。
でも、ただひとつだけ熱望があるのも事実だった。
凛奈のことだ。彼女だけは、何に代えても守りたい。
そろそろ展示会が始まる。立ち上がり、地を踏みしめた。
錆びついた鉄パイプが目に入る。迷わず手に取り、辺りを見回した。
今の自分は、目が血走って自我なき怪物のようになっているだろう。凛奈を守れるのだったら、それでも構わなかった。

「標識上のユートピア」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く