魔法学園

ノベルバユーザー190641

本当の姿

「綾音 シイラです。よろしくお願いします。」
こうしてシイラの学園生活が始まった。
「私は担任のマリアです。よろしくお願いします。」
「ではシイラさんは窓側の席に座ってください。」
「はい」
授業終わり、前の席の子が話し掛けてきた。
「私はミシェル。でもシイラさん、この世界に来たって事は、なんかしたんでしょう?」
「それが、なにをしたのか分かんないの。だからそれが本当に苦しいの...」
「あっそう...」
(ミシェルはなぜか不機嫌になってる?私って変な事言っ
たかなぁ)
と思うと、机の下にノートが落ちている
           〜交換日記〜
                        前略
今日来た転校生、何したのかな?笑   ミシェル
もうミシェルったら...人の過ちを知りたがるのやめなよ...アンナ
人の過ちは蜜の味よ。まぁ面白い...ミシェル
それでいつも人いじめてんだから...アンナ


(ミシェルの本性はこれか...)
魔法は恐ろしい。

「魔法学園」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く