話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ニゲナイデクダサイ

玉子炒め

対決

 女性は驚いたような表情を見せたが、大人しく身を引いた。大柄と共に近くの武器を探しに向かう。
聖二は深呼吸すると、瓶を高くかざし、慎重にドアを開けた。
真っ先にサラリーマンもどきと目が合う。
人間のものとは思えぬ奇声を発しながら、それは襲いかかってきた。
先ほどの恐怖がひしひしと蘇る。
自分の感情全てを打ち消すようにして、聖二は瓶を怪物の頭部に振り下ろした。ぐぶっ、とのめり込むような感触が瓶越しに伝わり、サラリーマンもどきはくずおれた。
聖二は素早く瓶を引き抜くと、返す刀でもう一体の頭部にそれを叩きつける。
息をつく間もなく、今度は二体が襲いかかってきた。凶悪なまでのスピードだ。
一旦距離をとるべく聖二は飛び退く。そのはずみで、瓶を怪物の頭部に突き刺したままになってしまった。
一体に蹴りを見舞うが、全く通用しない。もしや、頭部への攻撃でないと効かないのだろうか。
聖二の運動能力では頭へのキックなど不可能である。その上、武器である瓶も手放してしまった。
またもや聖二は倒されてしまった。

「ニゲナイデクダサイ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く