話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ニゲナイデクダサイ

玉子炒め

女性

血だ。

「……久志」
 声がしぼみ、掠れた。
その時、初めてダンボールから何かが覗いているのに気付いた。
見覚えのあるスニーカー。
久志のものだ。
聖二はダンボールをどかした。
中にあるものが目に入る。だが、それを光景として受け入れることができなかった。
ひとつひとつの物体に、ゆっくりとピントを当てていく。
久志は顔を埋め、なにかを貪り喰っていた。血がとどめなく溢れ、弾けて飛び、聖二の服を染めていく。
久志の下敷きになっているのは、髭が長く伸びた中年の男だった。ダンボールに住んでいるホームレスだろう。彼はかっと目を見開き、口を大きく開いている。今にも断末魔の悲鳴をあげそうだった。 
腹は裂かれ、久志の頭がすっぽりとはまっている。
「久志……何してるんだよ、お前」
 唇が痙攣し、半笑いの形になる。喪心した聖二は、まだ目の前の光景を受け入れられなかった。
あとからやって来た大柄が腰を抜かし、えずく。そのまま嘔吐した。
頭に来た聖二は、大柄を引っ張って立たせ、胸ぐらを掴んだ。
「なにをしたんだ……久志になにをした !」
 大柄は魚のように口を動かしながら首を横に振る。
聖二も分かっていた。久志がおかしくなったのは、彼らのせいではない。分かってはいても、大柄に当たらずにはいられなかった。
突然、何かがぶつかってくる。
目を見開いた若い女性だった。
「逃げて」

「ニゲナイデクダサイ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く