話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ニゲナイデクダサイ

玉子炒め

不良

(あいつらが持ってるカバン……久志のじゃないか ?)
 不良たちが弄んでいるカバン。擦りきれて塗装が剥がれかけている茶色のショルダーバッグに見覚えがあった。
アニメキャラの缶バッジがついているのを見て確信する。まさしく田中久志の物だと。
聖二は不良たちの会話に耳を澄ます。
「さっきのヤツ雑魚過ぎね ?」
 金髪の男が笑いながら言う。
「『餞別が入ってるから止めてくれー !』だって。ウケる」
 金髪の腕に抱かれた女が、大袈裟に両手を挙げた。金髪が爆笑する。
「しかもアイツ腕から血出てたよな ?どこにひっかけたのか知らんけどさ、ますますボコボコにしてごめんなさいって感じ」
 茶髪のロン毛男が、謝意など微塵も感じられぬ仕草で手を合わせてみせた。
残りの一番大柄な男は、フードを目深に被っており顔は見えなかった。ロン毛の言葉に肩を震わせている。笑っているらしい。
「……おい」
 気が付くと聖二は低い声で語りかけていた。
自分でもしまったと思ったが、後戻りするわけにはいかない。
「あ ?なんだよこのモヤシ。へし折るぞ」
 金髪が恫喝してくる。一瞬怯みそうになるが、聖二も負けじと声を張り上げた。
「そのカバンは友人のだ。返してもらおうか」
「『ぼくちゃんの友達のカバン返してくだちゃい』」
 ロン毛がおちょぼ口になり、オーバーに泣きそうな顔をつくる。不良たちは下品に手を叩き、大爆笑した。頭にひしひしと血が上るのを自覚しながらも、聖二は努めて冷静に語りかける。
「もう警察には連絡してある。カバンを返して逃げないと捕まるだろうな。こうしてガッツリおれに見られているんだから。それともおれを殺すか ?お前らにそんな勇気があるかは甚だ疑問だが」
 冷静さが功を奏したのか、不良たちの動揺を誘うのに成功したようだ。連中の目が一気に酷しくなる。
更に、ちょうどいいタイミングで駅員がやって来た。こちらの異変を察したらしく早足で近付いてくる。
「逃げようぜ」
 不良たちがカバンを放り出し、走り出した。
「ちょっと、待ちなさい君達」
 駅員が呼びかける。金髪がちらりと振り返り、一番大柄な男に足をひっかける。警察が来るまでの囮にするらしい。
不良たちの絆の弱さに呆れたが、久志のカバンは返してもらえた。
駅員に丁重に礼を述べ、その場から去ってもらう。
問題はもうひとつあるのだ。

「ニゲナイデクダサイ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く