話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ニゲナイデクダサイ

玉子炒め

恋人

時間帯もあってか、喫茶店に客の姿はほとんどなかった。悠々と窓際の席を確保し、ホットの抹茶ラテを口にする。
再びポケットのスマートフォンが振動する。
また久志だろうか ?スマートフォンを取り出す。
表示されている名前は「真美」だ。
「もしもし」
『……もしもし』
 真美の声はどことなく暗かった。くぐもっているような気もする。
「どうしたの」と聞く前に、真美は早口で喋りだした。だが、いつもの明るさは鳴りを潜めたままだ。
明るい彼女に似つかわしくない。
『どうしてるのか気になっちゃって。明後日だよね、聖二が山形行っちゃうの』
「ああ」
 聖二が入学する大学は山形県にある。明後日の今頃にはもう大学の寮にいるはずだ。
『急に寂しくなっちゃって』
 真美の声が暗い理由が分かった。急に彼女のことが愛しくなり、応える声が甘くなる。
「おれも寂しいよ」
『ありがとう。でも、聖二は夢を叶えに行くんだよね。寂しいけど、我慢しなきゃ』
「大丈夫。たまには会いに行くから。約束するよ」
『約束といえば、覚えてる ?』
 わずかながら、彼女の声が弾む。
『私たち二人の家を設計するって約束』
「もちろん、覚えているよ」
 真美との約束。
高校二年生の夏。公園のベンチに腰掛け、指切りげんまんをした。
「夢を叶えて建築士になったら、最初に真美と二人だけの家を建てる」と。
あの時の真美の笑顔は、何ものにも代えがたいほど眩しかった。ふっくらとした白い頬にえくぼが刻まれ、薄い紅色の唇が美しかった。
「真美」
 また彼女の笑顔が見たい。聖二は決意を込めて話しかける。
「大学で勉強して、真美との家を建ててみせるよ」
『待ってる。待ってるからね』
 受話器の向こうから嬉しそうな笑い声が聞こえてきた。
『でも、無理しないでよ。あんた、一度熱中すると寝食を忘れるタイプなんだから』
 今度はからかうような声だ。すっかりいつもの真美に戻ったようだ。
「分かった。気を付ける」
 真美も大学頑張れよ、と告げて電話を切った。
抹茶ラテを手にしたまま、自然と頬が緩む。
思えば真美とは恋人らしい会話をほとんどしてこなかった。菓子を取り合って喧嘩をしたり、漫画を一緒に読んだりと、そのやり取りは恋人のそれよりも親友に近かったのだ。
「『急に寂しくなっちゃって』か……」
 思い出すとやはりにやついてしまう。今のやり取りをリフレインしながら久志を待った。
二十分が経過する。
久志はまだ来ない。電話もかかってこない。
いくらなんでも遅すぎる。苛立ちよりも不安が先行する。
聖二は久志に電話をかけた。
虚しくコールが響き、お決まりのメッセージが流れた。
『ただいま電話にでることができません。ピーッという発信音のあとにお名前とご用件をお話しください』
「久志、どうしたんだ ?これを聞いたら折り返し電話をくれ」
 電話を切った後も、不安は収まらなかった。
たまたま見ていないだけならまだましだが、ここまでくると久志の身に起きたことを勘繰ってしまう。
車にでもはねられたのか、不良に捕まったのか、はたまた突然体調を崩して倒れたのか。
いてもたってもいられなくなり、聖二は会計を済ませて店を出た。
久志が乗るはずの電車は分かっている。
エレベーターを下り、駆け足でホームに向かう。駅構内にたむろしている四人の不良が目に入った。
下手に走って絡まれるのも嫌だが、ここはさっさと通過したいところだ。
駆け足のまま一本道を通り越そうとする。が、視界の片隅に何かが引っ掛かり、自然と足が止まった。

「ニゲナイデクダサイ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く