話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ニゲナイデクダサイ

玉子炒め

日常

 通販で頼んだ品は相変わらず「輸送中」だった。
臥雲聖二は、サイトを閉じてため息をつく。
図説を見て資材の勉強をしようと思っていたのに、この分では別の本を買うことになりそうだ。
図書館に行くか、近所の本屋に行くか。いずれにせよもう通販には頼るまい。
「そうは言っても、また頼むんでしょ」
 恋人の新居真美はそう言うに違いない。
確かにそうだ。彼女の言うことはいつも正しい。クイズの答えから聖二のことまで何でもお見通しだ。
聖二は、もたれかかっている柱の冷たさをひしひしと感じていた。スマートフォンが振動する。友人の田中久志からだ。
「もしもし」
『聖二。今どこ ?』
「もう駅にいる」
『わりぃ、ちょっと遅れるわ』
 一方的に告げて、久志からの電話が切れた。
「ちょっと」どころか、約束の時間からもう一時間が経過しようとしているのだが。
「わりぃ」なんて軽い言葉じゃ済まされないのだが。
久志は明るくていいヤツだが、ルーズで自己中心的なのが玉にキズだ。
聖二は柱から離れる。もう一人で喫茶店に入っていよう。久志はそこに来させればいい。
駅から出ようとエレベーターに乗る。扉が閉まり、エレベーターが上昇する。無重力のような、ふわりと全身が浮き立つような一瞬の感覚を聖二は気に入っていた。
無重力感覚の後、聖二の意識は隣にいる女性に向く。女子高生だろうか、制服を着ている。その顔色は青く、額には無数の汗が浮き出ていた。全身は瘧にかかったように震えている。
「大丈夫ですか」
 声をかけると彼女はうなずいた。だが、震えは激しくなり、ついには膝をついた。
慌てて聖二はしゃがみ、女子高生に手を貸す。女子高生がおぶさってきた。爪が肩に強く食い込んでくる。
痛みをこらえながら聖二は駅員室に女子高生を運んだ。
「エレベーターの中で具合が悪くなってしまったみたいで……」
 事情を話そうとするが遮られてしまう。
「分かっている。今日は急病人が多くてね。こんなのは初めてだよ」
年老いた駅員は参ったとでも言いたげに眉を下げる。
「そうですか……」
 その時、駅員室の奥から唸るような声が聞こえてきた。何かを叩いているような音もする。
おそらく、急病人か酔っぱらいが暴れているのだろう。仕事の邪魔になってもいけない。聖二は駅員に礼を述べて出ていった。

「ニゲナイデクダサイ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く