「異世界来たけどスキル『神託』っと言う名の攻略ウェキ見て無双します。」

ノベルバユーザー189431

神託

「へ?」
『・・・なんだよその顔。』
気付くとあの時のような空間にいた。
『まぁ仕方ないよね。二度も深層界に来る事なんてまず無いし。』
「・・・・え〜っとご久しぶりです。神さん」
『どうも、あ、ついでにこれ映像だからね』
それでこのはおかしいと思う。
『あんまり時間食うとちょっと悪影響が君に出るから手短に言うね』
そりゃないでしょ、
『今僕が、出てきたのはその世界がヤバイ事になっちゃって、どんなふうにヤバイかと言うと、強大な悪魔の産物が落とされちゃったんだよ。サッサと僕達としては回収したいんだけど、その為には勇者呼ばなきゃならない訳で、最近その勇者が大変な事したお陰で空間の壁もヤバイ事になっちゃってる訳つまり勇者呼べない訳よ、でもほっとくと世界壊れ神離れしちゃうんだよ。』
「・・・・・」
『それで申し訳ないんだけど・・・・・』





『回収して欲しい。』




「・・・・・・」
『もちろん対価はそれなりに用意する。僕達から君らを手放した身としては苦しい言い訳だけど君らが頼りなんだ。だからーー』
「OK〜やるよ。」
『・・・良いのかい?』
これ本当に映像???
「少なくとも自分は神さん達に感謝してる。そりゃ怖い目や理不尽な目に会ってるけど楽しんだよここは、」
『・・・・・・』
「まぁ一番の理由としてはまた勝手に殺されたらたまったもんじゃない。なんだけどね。」
『・・・君らをその世界に連れて行って正解だよ。本当にすまない。・・・こっちで多少運命をイジらせて貰う。今は力をつけてくれ。』
「りょーかい。」
『それじゃ又』
「んじゃ。」
(何か大変な事引き受けちゃったけどそれこそ燃えるんだよなー)
ゲーマー魂が荒ぶる彩都は元の場所に戻るのを待った。
『・・・・・良し。ジクちゃんもう良いよ。』
『はぁ、全く君は時空神をなんだと思っているのだ。カメラか?カメラなのか?』
『え?ロリババ『消滅しろ』ちょ待って!!待って!!!僕消えたら全世界が崩壊するから!!!!うわぁ!!ねぇ!?ガチで狙ったよね!!?』
『黙れ。』
(・・・・・先にこっちをなんとかしないと巻き込まれて死んじゃうんじゃないか??自分。)
そう思いながら光に飲まれていった。







「・・・・ん・・・いと・・・・彩都さん!!!」
「ん?あぁごめん。」
『受け取ったかの?』
「!!!!神獣様が・・・」
「・・・ハイ。」
『そうか、主も久々に語りかけたと思ったらこの様な事頼みよって・・・・巫女よ。』
「は、はい。」
『この者に稽古を秘伝を伝えるのだ、それが主神様の願いだ。』
「・・・・なぜかと聞いてもよろしいですか。」
『世界のバランスが崩れかかっているのだ。』
「ウ・・ソ」
『・・・流石我が認めた者だ。』
「ハイ、理解しました。」
薄っすらと額に汗が滲んでいた。
『頼むぞ。・・・・・調整者よ』
「・・・・自分ですか?」
『そうだ。我からもお願いがあるのだが聞いてもらえぬか?』
「もう自分じゃ対処出来ないかもしれない事をしようとしているのにそれが2つに増えた所で何も変わりませんし。」
『・・・・・主は一体何を頼んだのだ。』
「簡潔に言えば尻拭い。」
『・・・・・・・・聞かなかったことにしよう。それで我が頼みたいのはこの子を外に連れてってくれぬか?。』
そう言い尻尾を上げると神獣に似た感じを持つ子供の狼がいた。

「「異世界来たけどスキル『神託』っと言う名の攻略ウェキ見て無双します。」」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く