「異世界来たけどスキル『神託』っと言う名の攻略ウェキ見て無双します。」

ノベルバユーザー189431

器用と集中力は使いよう

「GOLOLOOOOOOOOOO!!!!!!!」
デーモンベアーが見た目を裏切り猛スピードで迫ってくる。
「・・・・・」
こちらも走り横をすれ違う様にデーモンベアーの“肉を切り裂きながら”避ける。
「GOLOO?!?!」
自身の毛が効かなかったことに驚いたのだろうか、声を上げる。
「・・・・集中力、器用。こんな所で役立つなんてな。」
小刀をミリ単位で調整し毛と毛の間に滑り込ませ肉を裂いたのだ。
・・・が、今度は警戒しあのブレスを吐こうとする。
「させるか・・」
走り、角の傷に向かって振り下ろす。
「GALALAAAAAAAA!!!」
相当効いたのだろうか頭をメチャクチャに振り回す。
『スキル『短刀術』を取得しました。』
「動きが遅いこれじゃスキルがあっても・・・!!!」
思考に沿うように情報が流れ込んでくる。
「・・・・これは・・・」
逆らわずそれに従い血管に沿うように魔力を流す。いや送り込む。
『スキル『魔力操作』を取得しました。
 スキル『身体強化』を取得しました。
 スキル『身体強化』の条件を突破しました。スキル『人体操作』に変更します。』
体が思うように動く。
「ソコ、」
毛の間に滑り込ませ切り裂く。
(これは、絶ったな。) ドサ
デーモンベアーの腕が落ちる。切断面は関節が見えた。
「GOOO!?GARURAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!」
ピキピキと音がデーモンベアーから鳴る。
「ナンノ、オト?」
瞬間、腕があるかの如く、突進してくる。
「ヨッ」ギィイン
「!!!ニクマデ、コウカシヨッタ。」
後になって分かったがその時デーモンベアーはスキル『鋼化』を使用していた。
「GOLOLOLOLOLOOOO・・・・・」
デーモンベアーの感情は人間である自分には分からなかったが今は・・・見下されているのが分かった。
「・・・・・・・・」
錠剤を5つほど飲み込み構える。
唯一の攻撃箇所を潰され、一発でも喰らえば死亡確定、クソゲーにも程があるだろうと思っていた。思っていた。
「・・・・ハハッオモシロイ、イジデモ、ヤル!!」
(自分は「邪道」と呼ばれたゲーマー。どんなゲー厶でもあらゆる手を使いクリアする。チート?ドンと来い。裏技?隠し要素?躊躇うか!!自分は、勝つ!!)
「コイヨ!!モリノ、クマサンヨー!!オールクリアダ!!!」

「「異世界来たけどスキル『神託』っと言う名の攻略ウェキ見て無双します。」」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く