話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ゲーム大好き家族の異世界最強生活

ハゲ

ラノベ三大テンプレ(個人見解)その1

 エターナル城から出発して10分、ゆっくり旅がしたいので、リンネまでは全一時間でつく予定だった。実際この世界の馬車では、3日はかかる道のりではあるけど。そんな道を進んでる中で、ケンは
 「親父、ラノベ三大テンプレに会えるかな?」
 「きっと会えるさー、会わないと怒る」
 「いや、親父が怒るとこの世界やばくないか?」
 「ハァーハァー、ジョウダン二キマッテルデショウ」
 「いや、かたごとで、言っても説得力ないぞ、親父」
 「イヤ、ソンナコトナイヨー」
 「ねぇー、お父さん、お兄ちゃん、ラノベ三大テンプレってなに?」
 「そうよ、ゼロ、ケンちゃん。説明してよ」
 「説明して、お父さん、ケンちゃん」
 「ラノベ三大テンプレとは、盗賊に出会って、それを退治して、高貴の者を助けるテンプレ。冒険者ギルドで絡まれるテンプレ。ブタ貴族に絡まれるテンプレ。この3つを合わせてラノベ三大テンプレ。あくまで俺とケンの見解だけどね」
 「なるほど。じゃ、これからあうかね、まだ街につくのに40分ありそうだしね」とその時
 「御方様たち、前方から先頭のような音がします」
 「おー、本当だ、早速三大テンプレの盗賊が登場か?」
 「とりあえず行ってみようぜ、親父」
 「そうだな、よし行こうか」

 街道

 激しい戦闘が始まっている。一方は同一模様の鎧を着込んで、ロングソードや盾や弓や杖を持って、馬車を守るように囲んで、戦っている。数は20数人くらい、馬車の中には少女が1人、メイトが2人います。少女はメイトを抱きつきながら震えている。もう一方の人たちは汚れた服を着て、手に持っている増備もバラバラであった。しかしその数は200人以上いた。さらに馬車を囲んでいる。
 「ひゃはーはーはー、お嬢ちゃんをおとなしく渡しな。そうすれば、痛みなく死ねるぜー、ひゃはーはーはー」
 「「「「「ひゃはーはーはー」」」」」
 「ふざけるな、貴様らにお嬢様を渡すかー」
 と、そんなやりおりしていると、空から何かが盗賊と騎士の間に落ちて来た。落ちた衝撃で激しい砂煙が起こした。
 「な、何事だ」と盗賊が叫ぶと、煙から人影見えてきてそして
 「手伝いはいるかい?お嬢ちゃんたち」
 砂煙が晴れて、現れたのはゼロであった。
 「誰だ、テェメーは」
 「俺か?」
 「テェメー以外に誰がいるんだ」と盗賊が怒鳴る
 「俺か、俺はゼロっていう者だ。リンネの街まで行く途中の通りすがりだ」
 「すまないが、そこのもの、早く逃げろ、盗賊が多過ぎる。奴らの狙いは俺たちなんだ、だから逃げろ」今度は騎士から話しかけられた。
 「そこは普通、俺を囮にして、自分たちが逃げるだと思うけど?」
 「そんなことするわなかろう、我らは誇り高くラーズセリス辺境騎士団だ、そして馬車に乗せているのはラーズセリス辺境伯のご令嬢様である。ラーズセリス様はいつも、上に立つものは下の人々を守らなければならないと行っております。我々は騎士なのだ、一般人のあなたを守るのも当たり前だ。ここは我ら騎士団が盗賊を引きつける。あんたはお嬢様と一緒に逃げろ、騎士を5人つけるから心配するな」
 「元々少ないのにさらに5人減らして大丈夫なのか、それに囲まれてるし」
 「心配無用、元より死を覚悟してある、我らが血路を開くゆえにどうぞ行ってください」
 「お前ら、なかなかいい奴らだな。死なせるのは惜しい」
 「テーメェーらー、なに俺たち無視してだ、この周りの人数を見ろ、どう見てもテェメーら勝ち目はない。大人しく殺されろ」
 「うるさいな、このハゲ。人数いるからって調子にのるな」
 「誰がハゲーだ、これはファッションだ。テェメー。もう許さねーぞ、ぶっ殺してや、、、」と、盗賊の言葉は途中で止まって、見てみると盗賊の頭がなくなって、首から血が大量に噴き出している。
 「だからうるさいって言ったでしょう、全く」ゼロがそう言いながら、右手に持っている盗賊の頭を握り潰した。
 「人を殺しても罪悪感なしか、本当に人間やめてしまったのか」と、寂しげに誰にも聞こえないように呟いた。
 「何が起きた、全く見えなかった、今のはゼロ殿がやったのか?」
 「あぁー、そうだが、何か問題でも?それまでとも殺しちゃまずかったか?」
 「いえ、殺しても問題ないです、盗賊は殺しても、罪にはならない、むしろ確認できれば、後ほど金がもらえる。それより、今何をやったんですか?」と騎士が若干震えながら聞いて来た。
 「なにをやったか?って普通に右手で盗賊の頭をもぎ取って、そして握り潰した。それだけだが」
 「そんなバカな、全く見えなかった。気づいたら、右手に盗賊の頭を持っていた、すごい」
 「クソ、お頭がやられたぞ、全員で一斉ににかかれー」
 「あれー、クソ、動けねー、いったいなにが起きた」
 「クソ、なにが起きた、体が動かねー」 
 「いったいなにが起きたのだ。ん、ゼロ殿、何かしました?」
 よく見ると、ゼロは左手を平行に持ち上げて、五本の指先から糸が出ていた。
 「よく気づいたね、俺の魔法の1つだよ、糸を自由に操る魔法だ。盗賊たちよ、一度だけ聞く。君たちを裏で手引きしてる人とアジトの場所、そしてこれからの質問に全部嘘つくことなく答えてくれれば、俺は殺さないでやろう。どうだ?」
 「ふざっけんな、離せ、このモヤシ野郎。今離せば、ボコボコにして殺してやるよ」
 「「「そうだ、そうだ。モヤシ野郎」」」
 「全員死刑だな」ゼロがそう言うと、盗賊全員がバラバラにされて死んだ。

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く