話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ゲーム大好き家族の異世界最強生活

ハゲ

状況把握

 「これはどういうことだ?」
 「わからない、とりあえず運営を予防」
 「そうだな」
 「ダメみたいよお父さん、運営を呼ぶためのメニューが出ない」
 「なに?う〜ん、これはもうしかしてゲームから異世界に来た感じかな?」
 「それはほんとうなのか?親父」
 実はは健也と賢吾はラノベも大好きであった。時々ラノベ読みながら、MG worldをやっている。
 「こういう時は誰か説明に来て欲しいが、いないのかな?神とか」
 「その説明はわしが説明しよう」と離れたところから健也たちが作り上げたNPCが話した。このNPCはゼウスをモデルにして作り上げたNPCである。クランfamilyは神、悪魔、神話などからいろんなNPCを作り上げていた、もちろんそれ以外のNPCも大量作り上げている。
 「ゼウスか、説明よろしく」と健也が言った。
 「軽いな、普通騒ぐと思うが?」
 「騒いでも意味がないだろう、表に出してないが、かなり驚いてるぞ、娘たちは驚きすぎて固まってるぞ。」
 「まぁー、そうだけど……とりあえず説明するわ。」
 「ちょっと待って、娘たちを起こす。おーい、起きろ」っと、頭にチョップをする。
 「痛い」
 「痛っ」
 「おう、起きたか、今からゼウスが説明するから、聞いてね」
 「わかった、ゼウスよろしく」
 「よろしく」
 「奈緒美と賢吾もいい?」
 「いいよ」
 「ok」
 「というわけで、よろしく」
 「家族みんな軽いな……まぁー、いいか。では説明する。ゼロ様たちはわしらを作り上げた時にどういう設定で作ったか覚えてるか?」
 「あー、覚えてるぞ、確か、神々の王であるお前と、悪魔の王である7つの大罪の7人が協定を結んで、神と悪魔の戦争を終わらせようとした。しかし、それを不快に思ってる一部の神と、悪魔は賛同してる神々と悪魔たちが集まってる時に集まった場所に人間って言えば核みたいな破壊のアイテムを使って、賛同の神々と悪魔たちをみんな殺して、また戦争の逆戻りをした。しかし、死んだ神々と悪魔たちは完全には死んでない、ゼウスと7つの大罪が全身の力を使って、全員を魂の状態にした、そして、俺がその魂を拾い、魂のお前らに新たな体を与えた。そして、お前全員元の神や悪魔に戻るより俺の配下になることを選んだ。のはずだ」
 「そうじゃ、その通りじゃ。そして、それが事実なのじゃ。実際神界と魔界は今その好戦的な神と悪魔が支配してる。まぁー、昔と変わらないってことだ。」
 「聞いた、俺が作った設定が当たったぞ、すごくねー」
 「すごいね、あなた。惚れ直したよ。」
 「いやー、照れる(^ν^)」
 「お父さんすごーい」
 「すごいね、お父さん。まさか妄想が本当になるとは、占い師になれるんじゃない?」
 「さすがだな、親父」
 「お主ら、ブレないのー。続いていいかの?」
 「いいよ」
 「それで、わしらは相談したんのじゃ。このゲームっていうものが終われば、もうお主らには会えないのじゃ、だからみんなで力を合わせて、お主らをゲームというものから、そのまま別の世界に転移させたのじゃ。クランfamilyの全てもそのまま転移してある。」
 「へー、別の世界にね。それで、能力もそのままか?」
 「そのままじゃ、ステータスって念じれば出てくるのじゃ。そして、お主らがこれまで作り上げて来た全てもそのままじゃ。」
 「わかった……ゼウス」
 「なんじゃ?」
 「お前らはまだ俺たちに忠誠誓ってるか?」
 「もんちろんじゃ、ここのNPCはお主らの設定通り全員お主らに忠誠誓っておる。もちろんわしらもじゃ。」
 「ほかのNPCたちならわかるけど、なぜお前らも?いつでも神の王や悪魔の王に戻れるだろう?」
 「それはわしらはもう嫌になって来たのじゃ、このままのんびり暮らしたいのじゃ」
 「わかった……ゼウス、幹部たちを全員大会議場に集めてくれないか?」
 「わかったのじゃ」
 「それと、執事長のセバスに地表の調査をするように言ってもらっていい?範囲はここの周辺1キロだ」
 「わかったのじゃ、伝えておく」
 「よろしく」

「ゲーム大好き家族の異世界最強生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く