話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ゲーム大好き家族の異世界最強生活

ハゲ

新たな始まり

 2065年10月6日、発売してから10数年ランキング圧倒的に1位を記録するオンラインゲームMG worldがついにサービス終了の時が来ました。MG worldは無限な可能性があるゲームです。全てはプレイヤー自身の努力によって、なり遂げることができます。その気になれば、世界でも作れます。そんなゲームのトッププレイヤーであるゼロはそんな最後の日にクランメンバーの家族たちと一緒にクラン拠点で集まって、一緒にサービス終了の強制ログインを待っていました。
 ゼロの本名は鈴木健也(38才)。小さい頃からゲームが大好きで、職業がプロゲーマー。妻は鈴木奈緒美(40才)。2人はとあるオンラインゲームで出会ってそのまま結婚しました。その時健也は18才で、奈緒美が20才でした。奈緒美もまたゲームプログラムである。2人には2人の娘と1人の息子がいます。長女鈴木玲奈(19才)ゲームプログラムを目指している大学生。次女鈴木真緒(15才)声優を目指している。長男賢吾(17才)プロゲーマーを目指している。そんなゲーム大好きな家族はMG worldをどハマりして、一ヶ月の収入は必要の生活費以外ほとんどMG worldに課金しました。その時間はサービス開始からずっと続いていた。子供たちは途中からだけど。
 そんな廃人みたいに課金してる健也は家族だけでクランを作りました。MG worldは無限の可能性があるため、クラン拠点もまた制限がほとんどない。そんな廃人家族が作ったクランfamilyのクラン拠点は地上は島を丸々使って城を作って、島から陸に一本の橋で繋いでいる。城の城壁は海の中まで入ってるので、攻城兵器はほとんど意味がない。地下は廃人家族の妄想全開で作った街、村、草原、海など、いろんな階層を作り、気づいたら1万層も作れあげた。難攻不落っていうか、攻略自体が面倒くさいと言ってもいいほどの作りであった。
 今この拠点の最下層の玉座の間に5人が集まって最後を迎えようとしている。クランマスターのゼロ(健也)、クランサブマスターのレイ(奈緒美)、クランメンバーのレイナ(玲奈)、マオ(真緒)、ケン(賢吾)である。サービス終了は24:00で、今は23:35である。
 「健也、このゲームはもうこれで終わりだな、寂しくなるね」
 「そうだな、いっぱいの思い出が作り上げていたこのゲームは終わって欲しくなかったな。あと、ゲームではゼロって呼んでって毎回言ってるよ。」
 5人は雑談をしながらついに終了1分をきった。
 「いよいよだな」
 「そうね」
 「ですね」
 「だな」
 「ねー」
 と、上から、ゼロ、レイ、レイナ、ケン、マオが言った。
 23:59:55、23:59:56、23:59:57、23:59:58、23:59:59、24:00:00
 ついに終了か、って思った瞬間に急にみんなの周りが光り出して、光が治るとみんなはゲームのキャラクターのままにいた。
 「これはどういうことだ?」

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 執行No.465

    下の人が言ってる通り、オーバーロードに似ている感。統括のアルベルトとか守護者統括のアルベドだし、周辺の様子を説明する内容とかほとんど似てる。
    あと、キャラの名前も似てる感。アルベルト→アルベド、デスクラクウス→デミウルゴス、セバスとユリはまんまだし…
    ゲームプログラムを目指すという文について。プロゲーマーを目指していると同じように、ゲームプログラマーにすべきでは?
    長文失礼しました。

    3
  • ぐらふぁいと

    語りが丁寧な喋りなのか大雑把なのかはっきりしないので、どちらかに絞った方がいいと思います。

    1
コメントを書く