話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

女嫌いと男嫌いの勘違い青春

あさにゃん

32.忍びよる魔の手

「おい!草彅の野郎どこ行った!」

「いつの間にかいないぞ!」

「昼デートを邪魔して、ぶち壊してやる!」

「おい!そんな事したら柊さんに何て言われるか…」

「バカ野郎!俺らの天使は『俺ら』の天使なんだよ!草彅に騙されてるだけに決まってるだろ!」

「そ、そうだな!俺らで助け出さないとな!」

「俺ちょっとあっち探してくる!」

「ちょっと男子!草彅君が騙してるんじゃない!柊さんがタブらかしたに決まってるわ!」

「そうに決まってるわ!草彅様の優しさに、つけこんだんだわ!」

「それになに?柊さんを取られたからって逆恨み?男の嫉妬って醜いみにく!」

「そうよ!そうよ!柊さんが彼氏作らなかったのもあんた達が雄也様以下だからでしょ!」

「柊さんがフリーでもまず無理無理」

「このアマ!やんのか!?」

「なによ!?違うっての?」

ーーーーバチバチバチバチバチ

熊野先生
「貴様ら!なにやってる!このバカ祭りはなんだ!」

「「こいつらが!」」 (男女指さし合い)

熊野先生
「つべこべ言うな!騒がしい!全員処罰するぞ!」

ーーーーガヤガヤガヤガヤガヤ



ーーーー屋上

雄也
「やっと撒けた…」

花蓮
「お疲れ様。大変だったのみたいね?」

雄也
「ああ、昼になった瞬間俺に襲いかかってきたからな」

花蓮
「それは大変ね。私はあなたが注目を集めている間に移動させてもらったわ」

雄也
「そうか。良く目立たなかったな」

花蓮
「私は影薄いからかしらね?昔は良く暗い子って言われてたわ」

この発言を女子が聞けばどうなるだろか?おそらく多くの人間は嫌味と取られるだろう。

しかし、なんだろう?このなんとも例えることのできない空気。

この時雄也は、あながち嘘でもないと思ってしまった。

………なぜ?そんな悲しそうな顔をする?
………なぜ?俺は気まずい空気を感じている?

ーーーーブルブルブル

雄也
(相手は女。相手は女だ。人を騙し、陥れ、裏切る。

血も涙もない冷徹な生き物。

俺は女が嫌い。こんなやつどうでもいい。こんなやつの過去に興味はない。)

半ば自己暗示に似た、一人言を心の中でつぶやく。

花蓮
「それに良く逃げ切りここが分かったわね?言っていなかったのに」

雄也
「走り回って探していたからな。それに誰かに助けられた?感じがした」

花蓮
「そう…」

雄也
「『来なければよかったのに』ってか?」

花蓮
「………」

雄也
「別にいい。ここには俺以外いない。ただし俺も言葉を崩させてもらうぞ?」

花蓮
「………」

雄也
「………」

花蓮
「………」

雄也
「おい?柊花蓮?聞いてい…」

花蓮
「う………い…ね」

雄也
「は?なにを?…柊かれ…」

花蓮
「うるさいって言ってるの!?聞こえない?あなたホントに耳ついてるの?」

雄也
「………」

花蓮
「それに!さっきから『柊花蓮!柊花蓮!』って気安くよんでんじゃないわよ!」

雄也
「………」

花蓮
「それに!朝も質問責めにさせて!こっちの身を案じたことあるの?」

雄也
「………」

花蓮
「ほんと!男はデリカシーの欠片もありませんね!」

雄也
「………」

花蓮
「それから!今下でバカ騒ぎしている連中はなに?頭のネジがとんでるんじゃないかしら!」

雄也
「………」

雄也は絶句していた。前に柊花蓮の手帳で男嫌いということは知っていた。

知っていたが、実物は何倍にも酷かった。

ある程度性格が変わるとは思っていた雄也だが驚きを隠せない。

せいぜい口が少し悪くなる程度だと思っていたからだ。

花蓮
「ちょっと聞いてるの?」

雄也
「…あ!ああ…」

花蓮
「なに?その返事?ちゃんとしなさい!」

雄也
「お、おう!」

花蓮
「返事は『はい』」

雄也
「はい!………………………じゃねーよ!」

花蓮
「なによ!なんかあるわけ?」

雄也
「大有りだわ!なんだよさっきから?何様だ?」

花蓮
「あんたこそ何様よ?いきなり怒鳴ったりして!」

雄也
「それはこっちのセリフだ!いきなり愚痴愚痴愚痴愚痴。性格ブスかよ!」

花蓮
「な!私ほど良心的な人間はこの世にいないわ!性格悪いのは、あなたの方よ!」

雄也
「へー。あんなに手帳に書き込んで?良心的?おいおい!なに言ってんだ?」

花蓮
「それは、女子限定よ。大体男なんていなくていい存在なの!男なんてこの世から抹消すればいいのに!」

雄也
「それこそ女子はいらねーよ。一人だと何もできないじゃねーか!」

花蓮 雄也
「いいえ!男が!」
「いいや!女が!」

ーーーーハァーハァーハァー

花蓮
「……あなたと恋人ごっこなんて最悪だわ」

雄也
「それはこっちが言いたいよ。文句はお前のばぁーさんに言えよ」

花蓮
「………私にとって叔母様こそ絶対。我慢するしかないのよ」

雄也
「全く身内の事ぐらいちゃんと把握しておけよ…」

花蓮
「うるさいわよ!大体あんたがあのときに『キ』!」

雄也
「き?なんだよ?」

花蓮
「な、何でもないわよ…/////」
(キスこことは言わない方いいわよね?叔母様にも止められてるし…。それに…)チラ

雄也
「なんだよ?」

花蓮
「………何でもないわよ」

雄也
「変なやつ」

花蓮
「………………確かに変ね」

さっと唇に中指を添える花蓮。その瞳は熱っぽさがあり、雄也からは恋する乙女に写った。

雄也
(そんなことあるわけないが…)

雄也
「お前に聞きたいことがあった」

花蓮
「な、なにかしら?」

いきなり挙動不審になった花蓮に雄也は、嫌な顔を見せるがすぐに関係ないと判断し、ずっと気になっていた質問をした。

雄也
「学園長からはどの程度聞いている?」

花蓮
「それは、どの話かしら?」

雄也
「昨日の放課後。俺のこと」

花蓮
「全部よ。てか普通最初この話するはずでしょ?今思い返せば私が貴方の女嫌い知らなかったら自爆していたところよ」

雄也
「あ、あのときは………。あまりにもお前がウザすぎてつい…」

花蓮
「凄くイライラするけど…!話が進まないからスルーするわ」

雄也
「…で?」

花蓮
「いちいちイライラするわね。ん!それで、昨日叔母様から聞いた話は…」

一つは嘘の付き合い…
一つは雄也の女嫌い…
一つは雄也のお見合いの話だ…

ちなみにお見合いは、今日の朝説明されたらしい。

雄也
「まずこうなったら仕方ない。お前んとこのババアの企み通りになっちまうが、しばらく恋人のふりするしかない」

花蓮
「確かに…。叔母様にどんな仕返しさせるかわからないし…。不本意だけどメリットもあるし。不本意だけど」

大事な事なので二回言ったわ。

雄也
「ああ。不本意だが『アイツ』から逃げられる理由ができるからな…」

花蓮
「あいつ?」

雄也
「…さっき出たお見合いの相手だ。この学園に入学してきたんだよ…」

花蓮
「それはそれは大変で。頑張ってくださいねー」ニヤニヤ

雄也
「イラ  ふん!後、俺の過去には関わるな。自分で言うのもあれだが。嫌な思い出だ。
それが女嫌いの原因でもある。
お前にも男嫌いになった相応の原因があるだろう?
俺はそれを詮索しないから、お前も、詮索してくるな。分かったな」

花蓮
「………分かったわ」

キーンコーンカーンコーン

雄也
「……時間だな。先に戻る。お前は後に来いよ」

花蓮
「……分かったわ」

雄也
「それと、お前…」

花蓮
「花蓮よ」

雄也
「は?」

花蓮
「『お前』じゃ見下されてる見たいで嫌だわ。それに嘘でも恋人同士になるんだから名前で読んで。あくまでも不自然に思われるから…」

雄也
「……分かった。男嫌いってことバレて足引っ張るなよ」

花蓮
「分かってるわよ」

雄也
「それじゃ。


        またな花蓮」

花蓮
「ええ。雄也君」

雄也は名前呼びが嫌なのか本気で嫌な顔をして。屋上からでていった。

すぐに校内から叫び声。廊下を走る音など聞こえる。

すぐに見つかったんだろう。

もう少しして、静かになったら出ていこうと決めた花蓮はさっきの行動を振り替える。

花蓮
「どおして、名前呼びを許可したのかしら…」

男に名前など呼ばれたくはなかったが、恋人同士になる以上避けられない道。

しかし、『花蓮』………

花蓮
(決して嫌ではなかった…)

それに絶対に男の名前など呼びたいとは思わなかった。

しかし、『雄也』

素直にスムーズに出てきてしまった。

心のどこかでは認めてあるのかもしれない。

雄也は他の男とは違うと…

花蓮
「きっとないわね!キスを少し思い出したからだわ。あーあ、面倒になったわねー」

……………それに気づくのは当分先になりそうだ。


ーーーー10分前

「そっちに草彅がいたぞ!」

「よっしゃ俺たちがもらう!」

昼休みのある廊下。雄也を追いかけているある男二人組がいた。

草彅雄也バカ祭り時

雄也の背中を捉えあと少しで追い詰め捕まえられるという時……

「あと少し!………って!」

女の子が飛び出してきた。
男はそれを回避しようと避けるが、勢いがあり、転んでしまった。

???
「あら?ごめんなさい…」

「ててて!あ!草彅雄也どこ行った!」

「おい。大丈夫か?」

「ああ、怪我はない…」

???
「それじゃ。ごめんなさい…」

「は?おい!一年!お前のせいで逃げられたじゃねーか」

???
「雄也様を追ってらっしゃったんですよね?」

「おま!分かってて邪魔したのか?」

???
「はい。なにやら困っておいででしたので」

「てめー」

「おい、やめろ。…それより、その発言だと邪魔したかったから邪魔したんだよな?」

???
「そうですよ」

「なら。邪魔したお詫びで俺らと遊ばないか?」

「!それはいいな!見たら顔はキレイで可愛いしな!」

「だろ?…てことで来てもらおうか」ガシ

男一人が少女の腕をつかむ。周りに人が多くはないが居るのに大胆な行動だ。
これで彼女が「痴漢」と叫んだら、立場が悪くなるのは男達だ。

しかし、そんな状況にも関わらず少女は一言…

???
「その汚い手を放しなさい…」

「「!!!」」パァ

あまりの変容に男達はたじろぐ。

???
「この肌に触れていいのは雄也様だけです。あなた達のようなゲスはお呼びではないです」

「「な!調子に乗るなよ…」」

???
「調子に乗ってるのはどちらでしょうね?」ジロ

瞬間目ハイトーンが消えた。

そして、体からでる負のオーラとも言うべきプレッシャー。

刃物を持っていても違和感がないほどだ。

「お、おい。戻るぞ」

「あ、ああ。戻るか」

少女は危険と感じ取ったのか恥もなく逃げる男。

遠退く男達の後ろ姿を眺めながら…

???
「ハァー。所詮はグズ、小心者ですね。………雄也様。雄也様のために私間張りましたよ………」

少女は細く微笑んだ。

「女嫌いと男嫌いの勘違い青春」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く