話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

女嫌いと男嫌いの勘違い青春

あさにゃん

22.変態同盟


「ねー?ちょっと聞きたいことあるんだけど?いい?」

雄也
「ん?」

振り返ると紺色のスポーツジャージに身を包んだ、小動物………もとい福島凛がいた。

雄也
「なんのようです?福島さん?」


「ああ、別にそ~いう堅苦しい挨拶はやめて。キャラにあってないから」

雄也
「それなら福島と呼ばせてもらう」


「…変わり身早いね」

雄也
(当然だろ。年頃ワイワイ騒いでるお前とは違って、こちとら日々営業スマイルストレスで頑張ってんだよ)

そこでふとある会話が聞こえてきた。

モブ(女1
「ねーねーあそこにいるのって雄也様じゃない?」

モブ(女2
「え?うっそ!?…あ、ホントだー!やったわ生雄也様だ!」

モブ(女1
「素敵ね…。それより向かいにいる人誰だろ?」

モブ(女2
「えーとほら、アレだよ。陸上の…」

モブ(女1
「あー。思い出した。あのブラックパンサーね」

モブ(女2
「そそ。
でも、雄也様が特定の女性と居るのって珍しいくない?」

モブ(女1
「あ、そういえば!え!?ちょっと待って!?もしかして!もしかして!?」

モブ(女2
「ちょ、待ちなさい。取りあれず【雄也様にお仕置きされたい同盟】に連絡を入れないと!」

モブ(女1
「そうね!みんなで情報共有をしないと!緊急事態だわ」

……………………

雄也
(うん、やばいね。なにがやばいかって!?なんだよあの【雄也様にお仕置きされたい同盟】って!いつの間にそんなのが…。
は!いつだったか真が俺のファンクラブがあるって言ってたな。
今のがそうじゃないよな?………え?違うよね?そうだよね?
ファンクラブがあるのは嬉しいのに、なんだろ…この残念感は…)

ちなみに先程の二人、本人たちには聞こえない様にしていたようだが、今はほぼ人がいない食堂だ。

思いの外響いていた。

そしてそれは雄也だけではなく、向かいに座っている福島凛にも聞こえていた。


「あ、あんたも大変だね」ヒキ

雄也
(なんだか俺何もやってないのに引いてられるんだが…。流石にこれは色々な意味で不快になるな)


「あ、ごめん。不快にさせちゃった?」

雄也
「あ、いや。別に」
(なんだろう…スゴイ哀れみの情を向けられているんだが…)

雄也
「それよりもだ。なんか用があったんだろ?」

そうだ。話しかけられたからには何かあるだろう。

なんやこんやあって話の腰を折ってしまったがここで切り出す。


「そうそう!聞きたいことあったのよ!?」

テーブルを叩いて身を乗り出してくる。

すぐに感情で動く。本当に動物みたいなやつだな。

てか、近い近い!さっさと離れろ!鬱陶しい!

雄也
「な、なんだ!?」


「あんた!ウチの花蓮と付き合ってるの!?」

雄也
「………は?」

雄也•モブ(女1、2
「えぇぇぇぇぇぇぇー!!!」

福島凛の一言に絶叫をもらす雄也達だった。








てか、まだ居たのかよ変態女共…



           次に続く

「女嫌いと男嫌いの勘違い青春」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 獣王メコン川

    何かここだけグッド数多くね?

    0
  • エンリ将軍閣下が配下

    お仕置きされたい集団ってただのMの集団やん

    0
  • あさにゃん

    ノベルバユーザー174141さん!
    そうですね!自分も今見たんですけどビックリしました!笑

    1
  • ノベルバユーザー174141

    電波悪くてグッド連打してたら127になったんですけど、もしかしてあさにゃんさんにも127に見えてます?

    0
コメントを書く