ゆるふわ系乙男召喚士、異世界に舞い降りる

ノベルバユーザー188303

第9話 2日目行動開始

〈昴広。朝だ、起きろ。〉


モフモフとした何かが顔を優しく叩きながら昴広を起こす。
眠り姫の如くスヤスヤと寝ていた昴広は、ゆっくりと瞼を開けると、寝惚け眼でそのモフモフとした何かを腕に抱きしめた。


「・・・・・・?」


大学卒業以来住んでいたシンプルな自宅とは違い、なにやらアンティーク調の家具が置かれており、見知らぬ所で起きた昴広は寝起きの働かない頭でここはどこなのかと首を傾げる。

ガヤガヤと賑やかな音が外から聞こえ、カーテンらしきもので遮られながら入る日の明るさで、太陽の位置が既に高いところにあることが分かり、だんだんと思考を覚醒させていた昴広は昨日までの出来事を思い出し始めた。


「寝坊した!!」


寝すぎたことに気づき、ガバッと起き上がると腕に抱きしめていたスハイルをベッドに下ろし立ち上がろうとするが、寝起きで動かない身体を無理やり動かしたため、立ち上がることなく大きな音を立てながらベッドから落ちる。


「痛い・・・・・・」

「失礼致します!昴広様大丈夫ですか!?」


強打したお尻をさすっていると、落ちた音が聞こえていたらしく、パタパタと走ってやってきたセバスチャンが慌てて昴広が寝ていた部屋に入ってきた。


「あ、おはようございます。あの、寝坊してしまって申し訳ありません・・・。」


強打した痛さに若干目を潤ませながら、セバスチャンに目を向け寝坊したことを謝る。


「おはようございます。
旦那様と奥様が疲れているだろうから寝かせといてあげなさいとの事でしたので、気にする事はございません。それよりも打たれたところは大丈夫でしょうか。」


セバスチャンは挨拶をしながら昴広をお姫様抱っこをして抱き上げると、ベッドの縁に座らせ跪く。

平均身長ではあるが、ギリギリ170cmある昴広は軽々と抱き上げられ、目を大きくさせながらも、少し痛かっただけなのでもう大丈夫ですと答える。

安心したようにホッとした様子のセバスチャンは、顔を洗う水と着替えを持ってくるといい、部屋から出ていく。


「スハイル、おはよう。」


扉が閉まるのと同時に、膝の上に乗ったきたスハイルに笑みを浮かべながら挨拶すると、魔物の間では挨拶などすることない。人間達はそのように朝の挨拶をするのか?と不思議そうに首を傾けながら昴広を見上げる。


「うーん・・・・・・こっちの世界ではどうなのかはわからないけど、僕がいた日本では朝にはおはよう、昼にはこんにちは、夜にはこんばんはって時間によって違う挨拶をするんだよ。」

〈ふむ。人間には不思議な習慣?があるのだな。〉


簡単な説明をしてあげると、興味深そうに頷きおはようといってきた。

スハイルを撫で、ほどなくして戻ってきたセバスチャンに世話をされながら身支度を整える。
(遠慮したのがセバスチャンが頑なに譲らなかった)

丁度昼食時らしく、お昼ご飯をとセバスチャンに案内されながらクラウディオとソフィーナが待つ部屋へと向かう。


「クラウディオさん、ソフィーナさんおはようございます。遅くまで寝かせていただきありがとうございます。」


部屋に入るとまず挨拶をし、お礼を述べる。

二人共優しげな目で昴広を見ると席につくように促す。

セバスチャンに椅子をひかれながら、昴広が席につくと、同時に昼食が運ばれてきた。

(スハイルにも昴広達と同じものが出されているが、量が昴広達3人以上なので給仕している人が大変そうだ。)


「うむ。疲れておるかと思ったのでな、ゆっくり寝かせておくようにいっておったのじゃ。
それより先程、なにやら大きな音が聞こえたがなにかあったのかのお?」

「あ…その…寝坊したと思って慌てて起き上がったら力が入らなくてベッドから落ちたんです。」


心配そうなクラウディオの言葉に、出来たてのパンをちぎりながら恥ずかしそうに頬を染める。


「あらあら、気をつけないとだめよ?昴広さんに傷ができてしまったら大変ですもの。」


そそかっしい子供に注意するように言われ、そう言えばよく両親にも言われていたな・・・・・・などと考えながら、気をつけますと答え、昼食を食べたら冒険者ギルドへ行くことを伝える。

今日行くと言っているので行かないわけにはいかないのだ。


「今日1日くらいゆっくりすれば良いのに偉いのぉ。冒険者ギルドに行くのなら、セバスチャンも一緒に連れて行くが良い。」


何故か感心されながらセバスチャンを連れていくようにいわれ、セバスチャンのお仕事の邪魔をしてしまったら悪いし危ないからと断る。


「ご安心下さいませ、昴広様。
このセバスチャン、3年程前までAランクの冒険者として名を馳せておりました。
いまでも朝夕の鍛錬を欠かしておりません。そこらの冒険者より強い自信がございますのでどうぞこの私めをご一緒させてくださいませ。」


スっと昴広の横へ跪き胸に手を当てながら、息をつく暇もないほど早口でセバスチャンが願い出る。

断ることなど許さないという力強い視線に、コクコクと頷くことしか出来ず、結局昼食後クラウディオとソフィーナに見送られ、セバスチャンとスハイルと共に冒険者ギルドへ向かうことになった。

「ゆるふわ系乙男召喚士、異世界に舞い降りる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く