転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

冒険者、到来

「今日も来たよ。」

『あ、アイン様。今日も来てくださったんですね。』

「うん。今日は冒険者が来ると思ったから。」

『そうですね。新しくなったダンジョンに多くの冒険者が来てくれるといいですね。』

「いつもは何人くらい来ているの?」

『いつもは大体1000人くらい来てますよ。』

「さすがに6位はすごいね。」

『1位のところはもっと来ていますから。』

「1位のところはすごいね。どこにあるの?」

『大体はダンジョンの周りに街ができるので、ダンジョン用の街ができますよ。』

「そうなんだ。それじゃあ、ここの街のダンジョンが有名になるようにがんばろう。」

『はい。』

そして朝になると冒険者たちがやってきた。

「やってきたね。」

『はい。まだ20層なんで苦労してないですね。』

「うん。最初のほうで厳しかったらあまり来たくなくなっちゃうからね。」

『冒険者たちは入るときに驚いてましたからね。』

「うん。ここのダンジョンで出てくるモンスターが変わったとか、モンスターから落ちるものが変わったとか。」

『でも一番変わったのは難易度ですね。』

「最初の方は簡単にしておいたからね。」

『今入ってきているのはCランク冒険者たちだから結構進みますね。』

「そういえば冒険者ギルドのほうにEランク冒険者でも入れるように連絡をしておかなくちゃ。」

『確かに最初の方はEランクの冒険者でも攻略できますね。』

「利用者が増えるように今まで入れなかった人でも入れるようにしたかったから。」

『確かに利用者でもランキングは上がりますからね。』

「それにせっかく作ったんだから、もっと多くの人に来てほしいからね。」

『おや?強い冒険者が来たみたいですよ。』

「あ、ダンジョン管理情報のほうに情報が来たんだけど、あの人Sランク冒険者みたい。」

『もうそんな人が入ってきましたか。』

「どうやら新しくなったダンジョンばかりに入っていて、ほとんどをクリアしているんだって。」

『この人はどこまでこれるでしょうか?』

「さ~?大体650くらいじゃない?」

『つまりSSランクのところまでは届かないと。』

「さすがにダンジョンに慣れている人でもSSランクようまではこれないと思うよ。」

『やっぱりこのダンジョンって途中から難易度が高くなってませんか?』

「いいんだよ。これだけ難しいと挑戦する人も多くなるだろうから。」

『そうでしょうか?しかし他のダンジョンマスターに目をつけられませんでしょうか?』

「目をつけられたらそれはもう戦って勝つしかないよ。ちなみに勝つとなんかいいことはあるの?」

『はい。勝つとそのダンジョンのダンジョンマスターが消え、そのダンジョンはこのダンジョンの支配下に置くことができ、ここからそのダンジョンを管理することができます。』

「そのダンジョンのランキングはどうなるの?」

『そのダンジョンのランキングポイントはすべてこのダンジョンのポイントに加算されます。』

「それなら攻めてきたところはちゃんと勝って、そこも経営していこう。」

『はい。アイン様ならすべてのダンジョンを支配することもできると思いますが。』

「さすがに攻めてきていないところは支配しないよ。」

『それでも1位になれそうですね。』

「うん。今日は今までよりも2倍利用者が多かったからこれからもっと有名にしてどんどん利用者を増やしていこう。」

そして次の日には20000人来た。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 火野目 燐助

    少し文脈に問題があるようにおもいます。
    まあ気づかないもしくは気にしない人が多いとは思いますが、ダンジョン利用者が2倍に増えた(1000人が2000人になった)と伝えたいのでしょうが、利用者が「2倍多くなった」の表記だと元々の利用者1000人にその2倍の2000人が増え、3000人になったと捉えられます。
    もし、2000人になったことではなく、3000人になったと伝えたいのならば単に3倍になったと表記すればいいですしね。

    1
  • ゼクト

    がんばります。
    できれば毎日投稿

    1
  • エンシェント・パラライト

    面白いです!
    これからもファイトです!

    2
  • ノベルバユーザー156040

    いつも楽しく読ませて貰ってます これからも頑張ってください

    2
  • おかか

    これからも頑張ってください

    4
コメントを書く