話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

創造神による6つの世界~最高の1つの世界と従う4つの世界と反発する1つの哀れな世界

ゼクト

第8話 第五の世界 デモンド

「はぁ~次反発する世界か。」
「はい。それでも賛成してくれる国はあるのですから。」
「じゃあ、行くか。」


「ここか。結構でかいな。」
「はい。参加してくれた小国の中で一番大きな城ですから。」
「入るか。」


「王来ましたよ。」
「では入れてくれ。」

「入るか。」
そこにはやさしそうな王様がいた。
「おお、来てくれたか。すまないな、この世界の大きな国の王はみんな世界征服しか考えてなくてな。」
「そんなことないですよ。あなたの国だけでも参加してくれてありがとうございます。」
「まぁこんな小国でも手伝えることがあると思うので何でも相談してくれ。」
「ありがとうございます。」
「じゃあな。」


これから、他の国でも同じようなことをした。




「この世界は大きな国はだめでも小国はいい人だらけだな。」
「はい。意外と小国の人はいい人だらけ何ですね。」
「じゃあ次は一回自分の世界に帰ってから旅に出るぞ。」
「わかりました。じゃあ今まで行ってきた世界に国を作っておきますよ。」
「よろしく。いい管理者を置いておいてくれ。」
「はい。では自分の世界に帰りましょう。転移。」

「創造神による6つの世界~最高の1つの世界と従う4つの世界と反発する1つの哀れな世界」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ラインハルト

    ゼクトさんこちらも少しで良いので書いてください。 
    お願いします

    2
コメントを書く