話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

創造神による6つの世界~最高の1つの世界と従う4つの世界と反発する1つの哀れな世界

ゼクト

第4話 第一の世界 ランドウィーク

「じゃあ、行くか。」
とりあえずあいさつ回りは必要だよな。
「創造神様さすがにすべての場所を回るのは時間がかかります。なので力のある王の下へ行きましょう。」
「わかった」

~第一の世界~
「レティア、ここはなんていう世界なんだ?」
「ここはランドウィークという世界で今からサウザンド王国とセナント帝国へ行っていただきます。」
「わかったよ。」

~セナント帝国~
「帝王様神々を名乗るものが現れました。」
「わかった。通せ。」
「失礼しま~す。」
(あなたは創造神なのですからそんなこといわなくていいのですよ。)
「良くぞ参った神々よ。」
「あなたは何なんですか。こちらの方は創造神ですよ。」
「お、おうわかったのじゃ。」
「今回は新たな国の王、新たな管理神、旅の途中でこの国に来るかも知れないから来た。これからよろしく.     .。」
「わかった。」
「じゃあ次の国に行くか。」
「はい。わかりました。転移」

「今のは伝説の転移魔法。それあれは1度行ったことのある場所にしかいけないはずだが。」
「さすがは神々というところか。」


「そういえばさ、僕の名前無いけど不便じゃない?」
「確かに不便かも知れませんが、あなたに名前をつけられる者なんていませんから。」
「じゃあ自分で名前をつけるのはいいの?」
「はい。といいますか、それ以外に名前を得る方法はありません。」
「じゃあ、おれはこれからはカイトと名乗ることにしよう。」
「わかりました。」


~サウザンド王国~
「ここか。」
「では入りますよ。」

「よくぞいらっしゃいました。」
部屋に入ると2人いた   2人?
「あなた方は?」
「私はこの国の王ゼント・リンド・サウザンド十三世という。ゼント王でいい。」
「わかりました。僕は魔境に国を作るカイトという創造神だ。よろしく。ちなみにそこの者は?」
「良くぞ聞いてくれました。私は別の国、教国で教皇をやっている者です。今日はよくお越ししていただきました。」
な、何だこの人は。
「その人は教皇でいわば宗教のトップですので神であるあなたと会えることを楽しみにしてたのですよ。」
「そういうあなたも神ですよね。お会いできて光栄です。」
ふ、ふ~んそうなんだ。
「われわれの国教国は、あなた方神に仕えるものです。なので教国は今日限りで属国になることを宣言します。いつでもおたよりください。」
「そなたはそれでいいのか?」
「ゼント王、大丈夫です。われわれはいわばもしかするとこの時のために国を作ってきたのかもしれないと国民も納得してくれたので良いのです。」
「わ、わかった。ありがとう。では私は他の世界にも行かなくてはいけないので、失礼します。」
「それでは参ります。転移」

~2人がいなくなったあと~

「一瞬で消えたぞ。どう思うスラング教皇。」
「さすがは創造神様とおつきの者です。やはり属国に練っておいて良かった。」
「そ、そうか。それではまたな。」
「はい。」

「創造神による6つの世界~最高の1つの世界と従う4つの世界と反発する1つの哀れな世界」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く